小説

『ツナグ 想い人の心得』あらすじとネタバレ感想!前作から七年経ったシリーズ第二弾

顔も知らない父親に、事故死した幼い娘に、片思いしていたあの人に、もしも会えるなら。一生に一度だけの死者との再会を叶える使者「ツナグ」。長年に亘って務めを果たした最愛の祖母から歩美は使者としての役目を引き継いだ。7年経ち、会社員として働きながら依頼を受ける彼の元に、亡き人との面会を望む人々が訪れる。依頼者たちは、誰にも言えぬ想いを胸に秘めていて―。 

「BOOK」データベースより

前作『ツナグ』は原作小説だけでなく、映画も好評で、辻村深月さんの代表作の一つとなりました。

本書はそれから七年が経った使者『ツナグ』と、彼と縁で繋がった人たちを描いています。

前作以上に死者と会いたいという気持ちの裏にある願いを考え、使者として出来ることを精一杯考える姿は、まさに正統派続編です。

以下は前作『ツナグ』で主演だった松坂桃李さんと辻村深月さんとの対談インタビューです。

辻村深月×松坂桃李 対談 「ご縁」が繋ぐ、出会いと想い

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

プロポーズの心得

役者の紙谷ゆずるは、死んだ人間と会わせてくれるという使者・ツナグの噂を聞き、偶然辿り着きます。

しかし待ち合わせ場所に現れたのは小学校低学年くらいの女の子でした。

少女は使者を名乗り、その年に似合わないほど落ち着いて利発そうですが、ゆずるはなかなか彼女が使者だとは信じられません。

半信半疑のまま依頼の話になりますが、ゆずるは代理であり、彼の役者仲間・嵐美砂が昔亡くなった親友に会いたいと思っていることが判明。

ゆずるは美砂に好意を寄せており、何とか親友に会わせたいと思っていました。

前作を読んだ人であれば分かると思いますが、美砂は前作にすでに登場していて、そこがこのエピソードに一味加えています。

歴史研究の心得

使者である渋谷歩美が会ったのは、鮫川という依頼人でした。

誰もが戸惑いながら歩美と会う中、鮫川は自分のペースで一方的に話しだします。

彼が会いたいのは、上川岳満という歴史上の人物でした。

鮫川の故郷・新潟の名士であり、鮫川は上川に会うために相当の勉強をして知識を蓄えていました。

使者として七年活動してもまず聞かない依頼に戸惑う歩美ですが、鮫川の願いを叶えるために上川に交渉します。

母の心得

今回は一度に二人の依頼主が現れます。

一人目は、五年前に水難事故で娘の芽生を亡くした重田夫妻で、面会を希望しているのは妻の実里。

もう一人は、二十年以上前に乳がんで娘の暎子を亡くした小笠原時子。

どちらも亡くなった娘に会いたいと願っていました。

それぞれ年齢こそ違いますが、娘を想う母であることに変わりはありません。

母親にとって、子どもはどんな存在なのか。

歩美は今回の依頼をきっかけに、依頼主との縁だけでなく、自分と母親との繋がりを感じることになります。

一人娘の心得

歩美は木材を使ったおもちゃを扱うメーカーに勤務していて、取引先である鶏野工房とは家族ぐるみで仲良くしていました。

しかしある日、大将が心臓発作で突然亡くなり、歩美は大きな悲しみに襲われます。

しかし、娘の奈緒にはもっと辛い現実が待っていました。

奈緒はいずれこの工房を受け継ぎたいと考えていましたが、大将はそれを好ましく思っておらず、奈緒はこのまま工房を続けていいのか迷っていました。

歩美は使者として、奈緒を大将に会わせてあげたいと思う一方で、これを縁と呼んでいいのだろうかと悩みます。

使者として、どうするのが正しいのか。

改めて使者という役目について考えるエピソードになりました。

想い人の心得

歩美は、祖母で前の使者である祖母・アイ子から蜂谷茂という人物を引き継いでいました。

蜂谷は一人の死者に会いたいと願っては死者に断られ、それでも諦めずに依頼をしてくるのだといいます。

蜂谷が会いたいと思っているのは、かつて働いていた京都の料亭『袖岡』の娘・絢子でした。

当時、蜂谷は絢子に恋をしていましたが、彼女にはすでに許嫁がいました。

蜂谷はそのことを嬉しく思っていましたが、絢子は結婚する前に病気で亡くなってしまいました。

たった一度しかない機会を自分に使ってくれるわけがないと思いつつも、蜂谷は今回も歩美に依頼。

そして今回は、『あの小僧だった蜂谷も、とうとう八十五になりました』と一言添え、もう時間が残されていないことを伝えます。

スポンサーリンク




感想

成長した姿と変わらない想い

七年が経ち、歩美は一回りも二回りも成長して登場します。

それは使者としてだけでなく、一人の人間としてもです。

その一方で、使者としての役目に疑問を感じたり、悩んだりするところは以前と変わらず、こういう性格だからこそ彼が使者にふさわしいのだと改めて思いました。

願っても会えるとは限らない使者。

会えたこと自体が縁で、その縁に対して使者として何ができるのか。

前作以上に依頼主のことを考え、そして一個人としても前に進みだす歩美。

彼や様々な願いを持つ依頼主たちとこうして再び会えたことが、嬉しくて仕方ありません。

続編の予感

結末から考えると、続編がまだ出る可能性は十分にあります。

個人的には歩美が誰かに使者の資格を引き継ぎ、自分自身が死者のうちの誰かと会うまで描いてくれるのではと秘かに期待しています。

何事もなければ、歩美であれば高齢になるまでその権利は行使しなそうですが、そこは何か問題、もしくは知りたいことが出来るのかもしれません。

ここまで綺麗にきているので続編を望むかどうかはどうしても迷ってしまいますが、本書を読んで辻村さんであれば登場人物たちの望む未来を描いてくれると確信できたので、そこの不安は一切なくなりました。

全く急いではいないので、自分がおじいちゃんになるくらいまでに読めれば嬉しいです。

スポンサーリンク




おわりに

前作以上に使者の意味を考えさせられる作品で、改めて辻村さんの作品を読んでいる時の喜びは格別だということを思い知りました。

映画化もされそうな予感なので、出来ればその前に読んでもらえると嬉しいです。

辻村深月さんのランキングを作りました。