小説

東野圭吾『手紙』あらすじとネタバレ感想!加害者家族への差別と手紙に込められた想い

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

「BOOK」データベースより

東野圭吾さんの作品はミステリだけでなく、どうしようもない問題が立ちはだかった時の苦悩や決断を描いた作品も有名で、本書は後者に当たります。

弟のことを思って殺人を犯すも、捕まって逆に弟を不幸のどん底に落としてしまった兄。

兄は弟の今後を案じ、良かれと思って刑務所から毎月手紙を書いて送ります。

弟は兄の愛情を理解して感謝しつつも、怒りや憎しみを抱かずにはいられません。

いくら肉親とはいえ、人生を無茶苦茶にされたのだから無理のない話です。

本書では、弟が最後まで兄との関係に悩み苦しみ、ある決断を下すまでがきっちりと描かれています。

まるで自分が加害者家族になった錯覚は苦しく、単なるフィクションでは片付けられない迫力があります。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

地獄の日々のはじまり

武島剛志は早くに両親を亡くし、自分の手一つで弟の直貴を養っていました。

世の中は学歴が物を言い、直貴には大学に通ってほしいといつも願っていました。

しかし、剛志は腰と膝を痛めて引っ越しの仕事を辞めざるをえず、弟を大学に通わせる余裕などありませんでした。

焦った剛志は、以前引っ越しの仕事で面識のあった緒方という裕福な老婦人の家に強盗に入ることを決めます。

裕福な人間から多少お金を盗ったところで問題はない。緒方なら許してくれるはずだと。

剛志は緒方家が無人であることを電話で確認してから侵入。

大金を手にして退散するはずが、つい長居してしまいます。

すると奥から起きてきた緒方と遭遇。

警察に通報しようとする緒方ともみ合いになり、剛志は腰の激痛から余裕を失い、無我夢中になり気が付くと、持っていたドライバーで緒方を殺害していました。

逃走するも腰の痛みで遠くまで行くことはできず、あっけなく逮捕されるのでした。

ここから兄弟の人生は狂い始めます。

加害者家族への差別

剛志が逮捕されたことを知った直貴。

一人で生きていかなければならず、しかし学歴を気にする剛志のことを思い、高校に通いながら働ける場所を探します。

しかし、それを邪魔するのが『強盗殺人犯の弟』というレッテルでした。

誤魔化しても不審な点が出てしまい、正直に話したら問答無用で断られる。

結局、つける仕事は他に行く場所のない人間が集まるようなところばかりで、直貴は次第に夢を諦めて現実を受け入れるようになります。

手紙

月に一度、獄中の剛志から直貴のもとに手紙が届きます。

そこには直貴への謝罪と心配する気持ち、獄中での生活が書かれていて、はじめのうちは直貴も返事を書いていました。

しかし、どこか暢気で楽しそうな剛志に苛立ちが募り、次第に距離を置いた文章になり、やがて返事を書かなくなります。

返事が来なくなっても剛志は忙しいのだと勝手に解釈。

構わず手紙を毎月書いて送ります。

そういったところが直貴を余計に苛立たせ、二人の間の溝を深くしていくのでした。

正しい生き方とは

苦しい状況でも直貴は精一杯頑張り、バンドや好きな女性など生きがいを見つけます。

自分も幸せになれる。

そう思った矢先、いつも『強盗殺人犯の弟』という肩書が現れ、直貴から大切なものを根こそぎ奪っていきます。

やがて就職した会社の社長に言われます。

逃げずに正々堂々と生きて、差別を乗り切るのは甘えだと。

周囲の人間にとって直貴はいつまでも『強盗殺人犯の弟』で、それを受け入れてもらうこと自体が甘いのだと。

その言葉を直貴は少しずつ実感し、やがて大きな決断を下すのでした。

スポンサーリンク



感想

家族を思えばこそ絶対にいけない

本書で描かれるのは被害者側ではなく加害者側の家族です。

被害者の遺族が悲しいのは誰にでも容易に想像がつくと思いますが、加害者の家族となるとあまりピンときませんでした。

しかし本書を読んで、加害者の家族もまたこれ以上なく苦しいのだと知りました。

本人に何の落ち度がなくとも、周囲の人間からすれば『加害者の家族』に変わりはなく、今回は強盗殺人ということで余計に偏見を持たれてしまいます。

例え家族のためを思ってやったことでも、その事情を周囲の人間が知ることはなく、ただ残るのは人を殺したという事実だけ。

自分の周りにそんな人がいた時、家族のことを考えてあからさまに避けないまでも、距離を置くだろうと容易に想像出来ました。

相手に対して罪悪感はありますが、こちらにも人生があり、それを台無しにするわけにはいかないからです。

犯罪はいけないことだと分かっていても、大切な家族がいるのであればよりその意識を強く持たなければならないのだと痛感しました。

周囲のストレス

本書では強盗殺人犯の弟である直貴と周囲の人間のやりとりが主に描かれます。

中には偏見を持たずに直貴と付き合ってくれる人もいますが、あくまで少数で、大半は直貴との距離感に迷い、気遣っていいのか避ければいいのか戸惑います。

直貴の視点からすれば差別されていると怒りが湧きますが、彼らが悪人ばかりというわけではありません。

直貴のことを一人の人間として見ようと努力し、強盗殺人犯の弟という肩書きにストレスを感じているのです。

犯罪は家族のみならず周囲の人間をも不幸にしていることを、本書はしっかりと描いています。

読み返すには時間が必要

かなり重たいテーマでそれを手加減なく真正面から描いているので、読者にとって少なからずストレスを与えます。

気付きや感動があるのはもちろんですが、同時にダメージを受けます。

多くの人に読んでほしい名作であると断言しますが、それでも二度目、三度目と読み返すには少し時間を空ける必要があると感じました。

僕はこの記事を書くにあたって五年以上ぶりに読み返しました。

序章の段階でほとんどの展開を思い出せたので、それだけ強いインパクトを受けていたのだと改めて驚きました。

おわりに

時代が進むにつれてあまり目にしなくなった友人知人からの手紙ですが、こんなシチュエーションでもらった手紙に対して自分は何を思うのか。どうするのか。

今でも答えは出ませんが、とりあえずそうならないよう犯罪はしてはいけないと今まで以上に強く思うようにしました。

東野圭吾さんのランキングを作りました。