ライトノベル

『春夏秋冬代行者 夏の舞』あらすじとネタバレ感想!凶兆扱いされた双子神が考えた打開策とは?

「汝の名は『夏』、春に続く者」――

かつて、神々たる四季は、人間の一部にその力を与えた。春、夏、秋、冬。それぞれの季節を顕現する者は“四季の代行者”と呼ばれ、権能を得た彼彼女らは、人の身でありながら季節そのもの、つまり、現人神となった。時に黎明二十年、大海原に浮かぶ島国『大和』は激震に見舞われる。春の少女神、花葉雛菊の十年ぶりの帰還。過激派【華歳】による夏、秋への襲撃。そして、過去に類を見ない春夏秋冬の共同戦線。数多の困難を経て、勝利を収めた四季陣営だったが、ここで一つの問題が起きる。夏の代行者、葉桜姉妹が史上初の「双子神」となってしまったのだ。これは吉兆か、あるいは、凶兆か。季節は夏。いま再び、代行者たちの物語が幕を上げる。

Amazon商品ページより

「暗狼事件を解決しにきました」

瑠璃と、あやめ。二人の夏の代行者は、荒唐無稽な「天罰説」に端を発した現人神への非難の声を払拭し、自分たちに処された婚約破棄という決定を覆すべく、黄昏の射手・巫覡輝矢との接触を果たす。だが、「暗狼事件」を巡る闇は、想像以上に深く――

現体制を維持しようとする保守勢力【老獪亀】。対して、四季の里の革新と改革を訴える【一匹兎角】。様々な思惑が蠢く中、この動乱に巻き込まれた者たちが一つの場所に集結していく。葉桜瑠璃の婚約者、君影雷鳥。葉桜あやめの婚約者、老鶯連理。そして、季節の代行者たち。再会は叶うのか? 竜宮岳での死闘の先、夏姉妹の恋の行方は……?

Amazon商品ページより

『春夏秋冬代行者シリーズ』第二弾となる本書。

前の話はこちら。

前作で続編はあるのだろうか。綺麗に終わっているけれど、もっともっと彼ら、彼女らの物語が読みたい。

そう強く願っていたので、本書が発売されたことは本当に嬉しかったです。

今回は前作の騒動によって一人の現人神と一人の護衛官ではなく、二人の現人神となってしまった葉桜瑠璃、あやめの姉妹にスポットが当たります。

他の代行者や護衛官はもちろんのこと、新キャラクターも多く登場し、本書を盛り上げます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

凶兆

前作の『華歳』と呼ばれるテロリストとの戦いにおいて、夏の代行者・瑠璃は一度命を落としました。

代行者が亡くなると直ちに代替わりが行われ、姉のあやめが新たな代行者に選ばれます。

その後、秋の代行者・祝月撫子の能力で瑠璃は生還を果たしますが、ここで驚くべきことが起きます。

生き返った瑠璃は、代行者のままだったのです。

こうして史上初の双子神が誕生し、夏の里に混乱を招きます。

瑠璃が生き返ったこと自体は喜ぶべきことですが、代行者を管理する側として前例のないことを受け入れることができず、夏の里は彼女たちの在り方を否定します。

双子神は凶兆だと。

これによって二人の行動が制限されるだけでなく、二人の子孫を残すこと自体が問題になると考えられ、それぞれの婚約さえも破棄されてしまいます。

これに葉桜姉妹は大きなショックを受け、失意に暮れていました。

巫の射手

本書には春夏秋冬の代行者の他に、巫の射手と呼ばれる存在が登場します。

一日の中で朝と夜が巡ることは当たり前のことですが、その当たり前をもたらしているのがこの巫の射手です。

朝を司る者を『暁の射手』といい、夜を司る者を『黄昏の射手』といいます。

霊山に登って空に矢を射ることで朝と夜をもたらす。

彼らに休みはなく、春夏秋冬の代行者とは悩みが違えど、多くの人々のためその身を犠牲にしないといけません。

本書では黄昏の射手・巫覡輝夜(ふげきかぐや)が登場し、とある事件をきっかけに春夏秋冬の代行者たちと邂逅します。

邂逅

輝夜とその護衛たちはある日、黒い狼に襲われます。

本来、大和の国に狼はいないはずですが、春が不在だった十年によってそれまでの生態系が破壊された可能性があるため、いないはずの狼がいる可能性も当然あります。

これが派生して『天罰説』という考えが生れます。

代行者が好き勝手にしたから四季の神々が怒りを示して、このような事態を引き起こしたのではないか。

ますます四季の代行者の立場が悪くなります。

そんな時、瑠璃のもとに秋の護衛官・阿左美竜胆から連絡が入ります。

今回の狼の事件について、生命使役の能力を持つ葉桜姉妹であれば解決できるのではないか。

無事に解決できれば代行者への風当たりも弱まるのではないか。

瑠璃はこの提案に乗り、あやめを強引に連れて事件現場となった竜宮に向かいます。

こうして本来、会うはずのなかった夏の代行者と黄昏の射手が邂逅を果たします。

しかし、今回の一件には裏があり、異変を感じた残りの代行者、護衛官も動き出します。

感想

夏の恋

本書のテーマを挙げるとすれば、それは『夏の恋』です。

今回スポットライトが当てられている葉桜姉妹には、それぞれ婚約者である君影雷鳥、老鶯連理がいて、物語序盤で勝手な婚約破棄が言い渡されます。

幸せを打ち砕かれた四人は相手を思い、再び幸せを掴むために動き出します。

これだけでもかなりの見ごたえですが、本書では他の恋もピックアップされています。

狼星×雛菊、輝夜×月燈、さらにさくらに結婚の話が持ち上がったりと、あっちこっちで恋の話が持ち上がります。

特にさくらと凍蝶の話はすごく胸にくるものがあり、ここまで涙腺が緩むとは思ってもいませんでした。

夏という季節は僕にとって特別で大切だったのですが、本書を読んでそれがさらに愛しく思えるようになりました。

広がる世界観

本書で春夏秋冬以外の代行者が登場し、本シリーズの世界観がさらに広がりました。

夏が発刊されたことで、おそらくこれから秋、冬も描かれると思います。

この広がった世界を舞台に、秋、そして冬という季節に何が起こるのか。

そして、代行者や護衛官の彼らにはどんな未来が待っているのか。

気が付くと春夏秋冬の世界が僕の胸の内に広がっていて、物語がいつ動くのかと心待ちにしている僕がいます。

暁さんの作品はいつも読者に寄り添ってくれて、安心と感動をくれます。

それが本書でも確認できて、それがとにかく嬉しかったです。

おわりに

夏が発刊されて、好きだった夏がもっと好きになりました。

これからどんな秋と冬が描かれるのか。

ここまで心を鷲掴みにされたことは本当に久しぶりで、だからこそそんな出会いが出来たことを嬉しく思います。

どうか、この時代でリアルタイムで読んでいる人たちと一緒に彼ら、彼女らの物語を一緒に追いかけたいです。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。