小説

『流浪の月』あらすじとネタバレ感想!一緒にいるべきでない、けれども一緒にいたい人間関係を描いた作品

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

「BOOK」データベースより

2020年本屋大賞を受賞し、映画化も決まった本書。

常識や世間体を考えず、ただその人と一緒にいたい。

理屈を超えた純粋な人間関係が描かれています。

当事者以外はほとんどこの関係を理解しようとせず、ただ異物として間違っていると否定してくるので、主人公である更紗の立場で読むと、胸の奥をギュッと掴まれるような息苦しさを終始感じます。

しかし、それすらも乗り越えて一緒にいたいと願う気持ちは何よりも尊く、社会で息苦しさを感じる人にとって寄り添ってくれる一冊です。

本書に関する凪良さんへのインタビューはこちら。

<凪良ゆうインタビュー>センシティブな筆致にファン急増中。「好きに書いていいよ」が生んだ名作『流浪の月』|本の話

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

突然の終わり

家内更紗の家庭環境は周りと少し違っていました。

母親はマイペースで我慢しない性格。

ご飯を作りたくなければ作らないし、たまにアイスで済ましてしまうこともあります。

父親は真面目な人ですが決して口うるさいわけではなく、母親といまだに仲睦まじくしています。

更紗の小学校の同級生たちは、彼女の家が変だと口々に言いますが、更紗はこの家が大好きでした。

しかし、突然の父親の死をきっかけに一家は離散し、更紗は母親の姉夫婦に引き取られるのでした。

孤独を埋めあう二人

更紗は伯母夫婦に引き取られて以来、これまで当然のように許されていたことが次々に禁止されるようになり、息苦しい日々を送っていました。

その頃、更紗や同級生がよく遊んでいた公園には見知らぬ若い男性がいつもいて、ベンチから女子小学生たちを眺めていました。

同級生たちは男性をロリコンだと決めつけて警戒していましたが、ある雨が降った日、家に帰りたくない更紗は男性に声を掛けられ、彼の家についていくことになります。

これが佐伯文との出会いでした。

文は大学生で、母親の教育に今も縛られ、母親の許したことしかできずにいました。

そんな彼にとって更紗はまさしく異物で、彼女のとる行動の一つ一つがもう理解できないものでした。

しかし、文はそんな更紗を受け入れ、少しずつ生活習慣を変えていきます。

一方、更紗は少女が好きであっても極めて理性的な文に心を許し、何日も家に帰らずに二人の時間を楽しみます。

再びの別れ

二人はお互いを必要としていましたが、世間から見てとても許されることではありません。

更紗が行方不明になってからしばらくして、彼女がいなくなったことがテレビで報道されるようになります。

それでも更紗は家に帰りたくないし、文もそんな彼女のことをただ受け入れてくれました。

ある日、更紗の希望で二人は動物園に行くことになりますが、それが悲劇の始まりでした。

連日の報道によって更紗のことを知っている人たちがいて、たちまち警察官が現れます。

抵抗もむなしく二人は離れ離れにされ、更紗はまたしても居場所を失うのでした。

それから十数年が経過し、更紗と文の物語は再び動き出します。

感想

遠慮のないもどかしさ

凪良ゆうさんの作品は本書がはじめてですが、すぐに好きになりました。

文章に感情を乗せるのがとても上手で、更紗の子ども時代だと幸福であふれ、まるで日向ぼっこしているような多幸感を味わうことができました。

その一方で、負の感情を描くことにもまったくの躊躇がありません。

更紗がいくら言葉を尽くしても誰からも理解されないし、状況は底が見えないほど悪化していきます。

なんで誰も言葉通りに受け取ってくれないのだろう。

なんで誰も理解してくれないのだろう。

更紗の感じるこのもどかしさが特にリアルで、常に息苦しさを感じていました。

しかし、感情を徹底的に掘り下げるからこそ生まれる心の揺れ動きがあり、ふとした瞬間に感じる幸せは解放感を生み、それまでの苦しみを和らげてくれます。

精神的に決して楽ではない読書ですが、本書から得られるものがたくさんあります。

本屋大賞受賞は伊達じゃないことを証明してくれました。

相手を受け入れることの大切さ

本書における文と更紗の関係は、一般常識から照らし合わせると明らかに不健全です。

二人の間に何もなくてもそれを世間に証明する手立てはないし、文は大人として更紗を受け入れずに家に帰すべきでした。

それが正論だと分かっています。

しかし、周囲の人間はもっと当事者二人の声に傾け、それぞれの意思を尊重するべきだと、僕は読んでいる間ずっと怒りの炎を燃やしていました。

幸せかどうかは本人が決めることで、他人が決めつけていいものではありません。

例え自分には理解できないものだとしても、理解したつもりにならず、そういう価値観もあると受け入れるだけでいいはずなのに、それができない人が世の中にはたくさんいます。

僕はどちらかというと周囲から浮いている方なので、更紗の気持ちがまるで自分のことのように感じられ、終始感情移入してしまいました。

もし自分にとっての幸せが明確にあり、それを貫くことで周囲との間に不協和音が生まれて生きにくいという人がいるとしたら、ぜひ本書を読んでみてください。

決して救われるとか、人生が変わる解決策が用意されているわけではありませんが、少なくとも自分の味方が本書にいると気が付き、自分の生き方にちょっとだけ自信が持てるはずです。

おわりに

読み終えると表紙の意味が分かり、もう一度読み返したくなります。

年々頭が固くなってきたように感じるので、これを機会に人生の幸せはその人自身が決めるということを肝に銘じ、理解できなくとも様々な価値観を受け入れ、楽しめればと思います。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。