小説

『鬼の跫音』あらすじとネタバレ感想!ラストに驚愕が待つ短編集

心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。―もう絶対に逃げ切れないところまで。一篇ごとに繰り返される驚愕、そして震撼。ミステリと文芸の壁を軽々と越えた期待の俊英・道尾秀介、初の短篇集にして最高傑作。

「BOOK」データベースより

道尾秀介さんの初期作品の一つである本書。

六つの短編で構成されていて、表題の短編はなく、『冬の鬼』という作品にその言葉が登場します。

ホラーに近いテイストですが、それだけでは説明できない魅力があり、オススメの一冊です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

鈴虫

Sという人物が落下して死亡。

私はそれを目撃し、当時Sと付き合っていた杏子を自分のものにするために、Sの死体を埋めて隠します。

その十一年後に死体が発見され、私は警察の事情聴取を受けますが、彼が話すことと真実は異なっていました。

では、真実は何なのか。

私の回想と共に、当時の様子が描かれます。

犭(ケモノ)

僕はよろけた拍子に自宅の椅子にぶつかり、脚が一つとれてしまいます。

その椅子は刑務所で受刑者によって作られたもので、脚の断面には誰かに向けたメッセージが書かれていました。

僕はSという人物が起こした事件を知り、そのメッセージを彼の妹に届けることを決意します。

無能といわれ続けた自分も、この件を成功させれば家族を見返せると思いますが、僕を待ち受けていたのは辛い現実でした。

よいぎつね

私は地元で行われる伝統芸能『よい狐』を取材するために、久しぶりに地元に戻ります。

しかし、ここには私にとって忘れたくても忘れられない思い出がありました。

少しずつ私の罪が明らかになるとともに、当時の状況が明らかになります。

箱詰めの文字

作家である僕のもとに、一人の青年が訪れ、僕の家から貯金箱を盗んだことを自白します。

しかし、僕にはそんな貯金箱のことなど知らず、二人の会話は食い違います。

貯金箱の中にはメモが入っていて、目にした僕は青年を無理やり帰します。

僕には、メモの差出人に心当たりがありました。

冬の鬼

私は火事ですべてを失ってしまいますが、昔から交流があったSに求婚され、お互いの故郷にあるSの家で一緒に暮らすことになります。

この物語は私の日記という形式で進行しますが、日記の日付が昔にさかのぼるように並べられていて、前の日記を読むことによって日記全体の意味が分かるように構成されています。

悪意の顔

小学生の僕はSからのいじめに苦しんでいました。

そんなある日、見知らぬ女性から声をかけられ、彼女の家に招かれます。

女性の家には一つのキャンバスがあり、そこにあらゆるものを閉じ込めて、二度と出せないようにすることができるのだといいます。

女性の家族はキャンバスの中にいて、僕のSに対する恐怖心もキャンバスにいれることで解消します。

しかし、それでSのいじめが止まるわけではなく、僕はSをこのキャンバスに閉じ込めてしまうことを決意します。

スポンサーリンク




感想

鋭く抉られる

本書に収録された短編はどれも五十ページ以下で、非常に短く読みやすいです。

しかし、短い中に物語があり、意外性があり、読者を引きつけて離さない魔力に満ちています。

冒頭、ホラーと書きましたが、お化けや妖怪が出るような直接的なものではありません。

説明のつかない不思議なこともありますが、多くの話は極めて現実的で、それゆえに人間の恐ろしい本性が際立っています。

その切れ味は鋭く、どの短編も心に深く刻み付けられるほどの破壊力を秘めています。

どんでん返しも楽しめる

全てというわけではありませんが、どんでん返しのような要素を含むものもあります。

はじめの認識が一瞬のうちに塗り替えられ、最初と最後で全く異なる物語になってしまう。

そんな体験ができます。

この点においては、個人的には『鈴虫』が気に入っていて、思わず何度も読み返してしまいました。

どんでん返しというとミステリのイメージが強かったので、恐怖とここまで相性が良いのかと驚きました。

おわりに

道尾さんの作品の中でそこまで知名度が高いわけではありませんが、面白さは本物です。

一つ一つがサクっと読めてしまうので、隙間時間で読むにもぴったりです。

道尾さんの他の作品に関する記事はこちら

オススメ短編小説のランキングを作りました。

オススメ文庫小説を紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?