エンタメ

『麦本三歩の好きなもの』あらすじとネタバレ感想!好きなものに溢れた何でもない日常の物語

朝寝坊、チーズ蒸しパン、そして本。好きなものがたくさんあるから毎日はきっと楽しい。図書館勤務の20代女子、麦本三歩のなにげない日常。

「BOOK」データベースより

住野よるさん初となるシリーズものの本書。

主人公である麦本三歩の日常が物語の舞台で、いわゆる日常系です。

特別なことの起きないありふれた日常でも、三歩にかかれば毎日に何らかの楽しいことがあり、読んでいて日常に潜んだ楽しみを再発見できると思います。

住野よる『麦本三歩の好きなもの』特設サイト

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

本書に登場する主人公・麦本三歩は二十代女性で、大学内にある図書館で働いています。

決して器用なタイプではなく、職場ではミスをして先輩に怒られるのが日常茶飯事。

何も感じないほど鈍感ではない三歩ですが、彼女には歩くこと、食べること、本を読むことなど好きなものがたくさんあり、それがあれば嫌なことなどすぐに忘れてしまいます。

そんな三歩が送る日常を本書では描いています。

章タイトルは全て『麦本三歩は〇〇が好き』と表記され、読み進めるごとに三歩という人物を知ることが出来ます。

スポンサーリンク




感想

愛すべき主人公

住野よるさんの作品に登場する主人公はどちらかというと内向的で、ちょっと暗いイメージがありました。

三歩もどちらかというと内向的で、誰に対してもフレンドリーに気兼ねなく接することが出来るというタイプではありません。

しかし、三歩の中には大好きなものが溢れ、代わり映えしない日常も彼女にかかれば素敵がいつも潜んでいます。

少し抜けているけれど、どこか許して可愛がりたくなる天然なところ。

意外とずるかったり人に不満を感じたりと、人並みの負の感情も持っている。

綺麗ごとだけではない、人間らしさを持っているところに三歩の魅力があります。

誰もが愛してやまない。

そんな言葉が三歩には似合います。

特に文庫版の表紙が三歩のイメージそのままという感じで、表紙の三歩を見るだけでつい頬が緩んでしまいます。

楽しいことばかりではない

これだけ書くと三歩が能天気で悩みなどないように思えますが、そんなことはありません。

彼女の毎日は悩みの連続で、ちょっとしたことで凹んだりクヨクヨしたりします。

それでも三歩なりに答えを見出し、解決しない時は折り合いをつける。

この辺りは大人で、決して身勝手な子どもというわけではありません。

こういった描写があるから読者は三歩という人間に感情移入し、共感します。

良いことも悪いことも含めて日常なわけで、本書はその辺りのさじ加減が絶妙だと思います。

スポンサーリンク




それでも前向き

三歩の目の前にはいくつも問題が立ちふさがりますが、三歩は決して立ち止まりません。

自分で何らかの答えを見つけ、前に進みます。

問題に気が付かないほど鈍感なのではなく、問題に気が付いた上でそれを乗り越えるポジティブなパワーを持っています。

世の中には三歩のことを良く思っていない人もいます。

それでも三歩は諦めないし、何とかしてやろうと思えるところにたくましさがあり、等身大な三歩という人間がますます大好きになりました。

今後にも期待

タイトルに『第一集』とあるように、本書はシリーズもので、文庫版発売後すぐに第二集の発売を控えています。

三歩の日常はこのまま何事もなく進むのか。

それとも何か日常を壊すような出来事が起こるのか。

色々と予想できますが、麦本三歩の物語がまた読めるだけで十分幸せです。

住野よるさんの新たな境地とも呼べる作品なので、今後の展開にも期待です。

おわりに

三歩の何気ないところに楽しみを見つける能力はもはや才能と呼べるもので、住野さんの感受性の高さがうかがえました。

僕ももうちょっとアンテナの感度を上げ、心にゆとりを持って生活したいと思います。

そうすればいつも通り過ぎるだけのその場所に、何か面白いものが潜んでいるのを見つけられるかもしれません。