エンタメ

恩田陸『ドミノ』あらすじとネタバレ感想!ドミノ倒しのように巻き起こる圧倒的コメディ

一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。

「BOOK」データベースより

恩田さんの作品はジャンルこそ多岐にわたりますが、喜びから悲しみ、感動など心を揺さぶるという点では共通しています。

そして本書もそれは同様で、読者をこれでもかとハラハラドキドキさせ、笑わせてくれます。

登場人物の一覧だけでも二十七人(と一匹)というとんでもない数が登場し、一つの出来事がドミノ倒しのように次の問題を引き起こし、東京駅を中心に大騒動を巻き起こします。

この常識外れの手法に反感を覚える人も少なくないと思いますが、新たな可能性を打ち出したことは事実であり、読んでみればその魅力に気が付くはずです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

それぞれの人生

東京駅を中心に、視点を数ページごとに入れ替えながらそこにいる人たちのエピソードが語れます。

生命保険の会社員、元警察官、オーディションを受ける親子、痴情のもつれたカップル、ミステリ連合会の会員、ホラー映画監督、などなど。

事の発端は、二つの紙袋が入れ替わってしまったことでした。

一つに収束する

紙袋の一つには爆弾の試作品が入っていて、そのことが判明すると東京駅全体がパニックに陥ります。

はじめはまるで接点のなかった数々のエピソードですが、この件がきっかけとなってドミノ倒しのように次々に新たな問題を引き起こします。

最初は一つのエピソードに数人だったところが、後半になると五人、十人単位の大所帯になります。

爆弾の起動は無事阻止できるのか。

爆弾のことなど知らず、自分のことで焦っている人の用事は果たされるのか。

序盤はドミノを丁寧に並べる準備期間で、中盤以降にドミノの一つを倒してからが本番です。

スポンサーリンク



感想

予測不能の即興コント

読み始めてある程度すると物語の趣旨がようやく理解できます。

どうやらこれらのエピソードが収束しそうだと。

しかし、いくら想像してもその先の展開が読めません。

中盤を過ぎても登場人物たちは好き勝手に動き、物語を終わらせる気がまるでないのですから。

残りのページ数が少なるごとにちゃんと終わるのか?と違う意味でもハラハラしてしまいました。

しかし、そこは恩田陸さん。

物語は即興コントのような危うさを見せながらも、綺麗な形で決着をつけてくれます。

そして、最後の不穏な予感を与える補足。

この余韻もドミノらしくて好きです。

主役が一堂に会する豪華さ

基本的に登場人物のほとんどはいわゆる一般人です。

もちろん極端な性格や謎の能力を持っていたりとどう見ても普通ではありませんが、一応一般人です。

そんな彼らが個々に描かれるとそれぞれが主人公のように思え、やがて合流をはじめると、主役が一堂に会する豪華さがありました。

適切な例えが浮かびませんが、歴代のウルトラマンや仮面ライダーが映画などで集結する話がありますよね。

あんな感じの高揚感があり、物語が終わる頃には彼ら全てが愛しく思えるようになっていました。

名前を覚えるのが大変

恩田さんの能力があるからこそ、この人数でも奇跡的に成り立った本書。

しかし、それを読む側は一苦労です。

それぞれの性格や関係が分かってくれば名前と個性が一致してきますが、それまではこの人誰?状態がしばらく続きます。

本編の前に登場人物の一覧があるので、分からなければ参照すればいいだけのことですが、これがなかなかの手間です。

この点において、評価が分かれると思います。

しかし、読み進めれば物語の姿はくっきりしてきますので、それを信じてどうか諦めずに読んでみてください。

人の名前を覚えるのが苦手だという方は、あらかじめ登場人物の一覧を印刷、あるいはメモなどして手元に置いておくとスムーズに読めて便利です。

おわりに

2020年2月に十九年ぶりとなるシリーズ第二弾『ドミノ in 上海』が発売されました。

僕はまだ読んでいませんが、『ドミノ』に登場人物も登場するということなので、本書の記憶が新しいうちに読むことをオススメします。

このまま世界の大都市を巡る壮大なシリーズになるかもしれない、と思うとワクワクが止まりません。

恩田さんのランキングを作りました。