住野よる

『か「」く「」し「」ご「』あらすじとネタバレ感想!住野よるの新たな青春小説

みんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで、君のことが気になって仕方ないんだ―きっと誰もが持っている、自分だけのかくしごと。5人のクラスメイトが繰り広げる、これは、特別でありふれた物語。共感度No.1の青春小説!

「BOOK」データベースより

住野よるさんの青春ストーリーなら外れはないだろう。

そう思って読み始め、外れないどころか大当たりであることに驚きました。

一風変わったタイトルに込められた意味。

ちょっと特殊な能力を持つ高校生たちを描きながらも、その心情は誰もが共感できるようなありふれた悩みや願いで、SFのような設定を青春物語に落とし込んでいるのがとても上手いと感じました。

これまでの住野さんの作品とはまた違い、リラックスした状態で読むとより本書を楽しめると思います。

新潮社による本書の特設ページはこちら

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

本書には五人の高校生が主役として登場し、各章ごとに視点が入れ替わります。

章のタイトルは視点となる高校生の特殊能力を表しています。

詳細は後述。

か、く。し!ご?と

高校生の京は人の頭上に何らかの記号を見る能力を持っていて、人によって記号の持つ意味合いは異なりますが、それによって相手の心情を理解することが出来ます。

分かりやすいところでいうと、!=驚き、?=疑問、といった感じです。

京はクラスメイトの女子・三木ことミッキーに恋していましたが、内気な性格からまともに話すことすらできずにいました。

ちなみにあだ名の由来は、笑い方が鼻にかかってミッキーに似ているから。

ある日、ミッキーは京の親友・大塚ことヅカに自分のどこかが変わっていないかと質問します。

ヅカというあだ名は大塚からではなく、宝塚で通用するほど顔が整っているから。

ヅカは分かっていませんが、京はシャンプーが変わったことにすぐ気が付いていました。

しかし、意識しすぎるあまり、それを口にすることができません。

単に変えただけなのか、それとも彼氏ができて彼の家に泊まって使ったのだろうか。

京は勝手に妄想を膨らませますが、後に自分が大きな勘違いをしていることに気が付きます。

か/く\し=ご*と

ミッキーは相手の心臓のところにシーソーのようなバーを見ることができ、その傾きによって相手がプラスかマイナスのどちらの感情を抱いているのかを知ることが出来ました。

誰に対しても積極的にコミュニケーションをとり、やがてプラスの感情に傾けることができる人気者。

その実力は、不登校になっていたクラスメイトの宮里ことエルを再び学校に通えるようにするほどでした。

ちなみにエルはセサミストリートのエルモからきていて、目が大きくて笑った顔がセサミストリートに出てきそうだから。

しかし、親友の黒田ことパラ(パッパラパーだからとミッキーが命名)だけはバーがくるくると回り、感情が読めません。

ミッキーはその性格や容姿から人気でしたが、彼女自身はヒロインではなくヒーローになりたいと願っていました。

そして、唐突にその機会がやってきます。

文化祭のクラスの出し物として、パラが提案したヒーローショーが採用され、ミッキーがヒーロー役を務めることになりました。

ミッキーは何ら気負うことなく当日を迎えますが、本番で予想外の展開が待ち構えていました。

か1く2し3ご4と

パラは相手の鼓動の速さを数字で見ることができ、それを利用して自由奔放なキャラクターを作り上げていました。

しかし、本来の自分は感情の上下がないつまらない人間だと認識していました。

誰とでもうまくやるパラですが、唯一気に食わないのがヅカでした。

彼だけはどんなことがあっても鼓動が揺れることはなく、自分と似て人間味のないところを嫌っていました。

パラにとって一番大切なのは親友のミッキーで、彼女に恋する京を応援することでヅカから離そうと企みます。

ところが二人の関係はほとんど進まず、このままでは幼馴染だからとミッキーとヅカが付き合ってしまうかもしれない。

そう思ったパラは、自分がヅカと付き合ってしまえばいいという結論に行き着く、突然モーションをかけ始めて周囲を動揺させます。

その努力も虚しく、ヅカはパラを相手にしませんが、パラも諦めません。

彼女は修学旅行でもヅカにくっつきますが、これが思わぬトラブルを招くことになりました。

か♤く♢し♧ご♡と

ヅカは相手の頭上にトランプの絵柄のいずれを見ることができ、それによって♤=喜、♢=怒、♧=哀、♡=楽の感情を知ることができました。

この能力によってうまく立ち回るヅカですが、ある日の会話を境にエルの頭上に浮かんだ大きな♧のマークに驚きます。

何が彼女をそこまで哀しませているのか。

ヅカは様々な角度からエルを観察し、やがてその正体を知ることになります。

か↓く←し↑ご→と

エルは人の感情を矢印で見ることができ、その方向や形によって感情の性質、向きを知ることができます。

受験が近づく中、京はミッキーに同じ大学を受験してほしいと頼まれ、迷っていました。

嬉しいけれど、自分のような人間がミッキーと同じ大学に進学していいのか。

このネガティブな考えに共感を覚えるエルですが、一方で二人の気持ちを知っているからこそ応援したいと思っていました。

二人の関係の行く末と同時に、仲良し五人は十年後に向けてタイムカプセルに手紙を入れて埋めようという話になっていて、エルの他の四人に宛てた手紙という形で彼女の気持ちが描写されています。

ちょっと特殊な能力を持つ五人はどんな三年間を歩み、どんな形で青春の最後を飾るのか。

自分に自信の持てなかったエルがトリを務め、一番変わった姿を見せてくれるところに構成のうまさを感じました。

スポンサーリンク



感想

THE 青春物語

住野さんの作品の多くは青春を中心に起きつつも、どちらかというと苦しさだったり切なさといった影のある感情が印象的でした。

しかし、本書ではそういった感情もライトに描かれ、終始爽やかで明るい雰囲気が漂っています。

THE 青春物語と呼ぶにふさわしい作品で、青春作品を読みたい人には迷わず本書を一番におすすめします。

そして、実際のクラスにいそうな様々なタイプの高校生に焦点を当てているところにも好感が持てました。

クラスで人気者と呼ばれている人、一見風変わりで常に周囲を明るくするムードメーカーのような人、自分に自信が持てない引っ込み思案な人。

これだけバリエーションが豊富だと、誰かしらに感情移入しやすいので、没入感は高いです。

どんな立場でも悩みはあり、それを他人が理解するのは難しい。

だからこそしっかり言葉にして伝えることが大切で、その気持ちを分かち合える人は大事にしたい。

五人それぞれ違う立場から同じように思い合う関係は見ていて清々しく、個人的には住野作品の中でもかなり気に入りました。

能力はあくまでおまけ

本書では主役のそれぞれが相手の気持ちを読み取れる能力を持っていて、それがあるから気が付けたこと、問題になってしまったことがあります。

しかし、この設定はあくまでおまけ程度のものだと僕は考えています。

彼らは他の人にはない能力で相手の気持ちを察するのが上手かもしれませんが、この能力だけで乗り切れるほど人間関係は甘くありません。

なぜそんな感情を抱くのか。

それを理解するには能力よりもさらに一歩踏み超える必要があり、勇気を持たなければ起こせない行動です。

五人誰もが勇気を持って行動する姿は成長そのもので、能力があろうとなかろうと関係ない彼らの魅力なんだと感じました。

一方で、能力ゆえの複雑な人間関係があり、この辺の設定の使い方がさりげなく上手いです。

プロローグとエピローグの意味

最初と最後にセリフだけのやりとりが描かれていて、誰と誰が話しているのかは明示されていません。

しかし、作中の人間関係や発言の内容から察すると、どちらも京とミッキーではないかと考えました。

京が冷静に話し過ぎている点が気にはなりますが、他の組み合わせはないかなと思います。

詳しく書くと重大なネタバレになってしまうので明言は避けますが、どの時期に交わされた会話なのか考えるのも楽しいと思います。

個人的には別の人の考察でも見ましたが、エピローグ→プロローグという順番になっていると考えます。

その順番でより親密度が増していて、エピローグはまだ恥じらいが残っています。

物語を受けて、どのような展開からこの会話に至ったのか。

ぜひ想像してみてください。

おわりに

住野さんは代表作でとどまることなく、さらに変化・進化して着実に先に進んでいる。

そのことが確信できる一冊でした。

内容的にアニメ化も期待できそうなので、今後もまだまだ楽しめそうな作品です。

住野よるさんの作品はこちら。