ミステリ

『探偵伯爵と僕』あらすじとネタバレ感想!少年が不思議なおじさんと共に事件に挑む

harutoautumn

もう少しで夏休み。新太は公園で、真っ黒な服を着た不思議なおじさんと話をする。それが、ちょっと変わった探偵伯爵との出逢いだった。夏祭りの日、親友のハリィが行方不明になり、その数日後、また友達がさらわれた。新太にも忍び寄る犯人。残されたトランプの意味は?探偵伯爵と新太の追跡が始まる。

「BOOK」データベースより

森博嗣さんの作品としては、爽やかで意外性のある作品。

表面だけを読めば、中学生高校生が読んで楽しめるヤングアダルト小説です。

ところが最後の最後に森さんらしい仕掛けが施されていて、それが本書を化けさせます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

伯爵

小学生の馬場新太は夏休みに入る前、公園で伯爵と出会います。

夏なのに長袖の背広を着て、ブランコに乗っている。

新太から見て、ブランコに乗る大人というのは少し変に感じました。

通り過ぎようとしますが、若く綺麗な女性と何かもめている気配を感じ、思わず眺めてしまいます。

女性が立ち去ると、伯爵は新太に友達になろうともちかけ、新太はそれを了承します。

伯爵は探偵で、先ほどの女性は弟子なのだといいます。

これが新太と伯爵の出会いであり、これからも二人の関係は続きます。

行方不明

夏休みに入り、夏祭りが行われます。

事件はその後に起こりました。

夏祭りの二日後、新太の友人の原田が行方不明になります。

新太は伯爵と、彼の弟子・チャフラフスカと共に原田のことを探すことになりますが、何の連絡もないことから犯人の目的は身代金でないことがうかがえます。

では、なぜ原田は誘拐されたのか。

現場に残されたトランプ。

新太は伯爵、チャフラフスカの協力を得て、真実に近づいていきます。

感想

ひと夏の冒険

本書は第一印象として、ひと夏の冒険というイメージが湧きました。

どこにでもいそうな少年・新太が伯爵という奇妙な大人と出会い、そこから日常が少しずつ変わっていきます。

友人の失踪と、事件に関係していそうな証拠。

伯爵は変な大人ですが、探偵を名乗るだけあって自慢の推理力を発揮し、少しずつ事件の真相を明らかにします。

小学生が主人公ということで難しい言葉はほとんどなく、小中学生でも十分読めるレベルなのも特徴です。

森作品としてはかなり珍しい部類ではないでしょうか。

意外すぎる真実

本書の真の魅力はラストの展開にあります。

さすが森さんというか、第一印象のままでは終わってくれず、思いがけない展開が待っています。

詳しいことは楽しみが半減してしまうので言及しませんが、最後にどんでん返しが待っていて、それによって本書の見え方が一気に変わります。

油断しているところにぶちこんでくるので、その驚きは倍増です。

何も知らず、これが読める人が羨ましいです。

ぜひ余さず楽しんでください。

おわりに

森さんらしからぬ爽やかさと、最後に待っている意表をついた驚き。

森作品として知名度はあまり高くありませんが、だからこそオススメしたい一冊です。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

森さんの他の作品に関する記事はこちら

関連記事はこちら。

あわせて読みたい
【2022年】森博嗣おすすめ文庫小説ベスト10!ユーモアあふれる名作選
【2022年】森博嗣おすすめ文庫小説ベスト10!ユーモアあふれる名作選
あわせて読みたい
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました