小説

『エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する』読んでほしい人と感想を書いています

40万部突破「エッセンシャル思考」の第2弾!

ダニエル・ピンク、カル・ニューポート、イヴ・ロドスキー、アリアナ・ハフィントンが絶賛!
「無駄な努力を0%にして成果を100%にする方法!」

最近、こんなふうに感じたことはないだろうか。
・目標に向かって努力しているのに、なぜかうまくいかない
・走っても走っても、ゴールに近づかない
・やりたいことがあるのに、エネルギーが足りない
・いったいどうして、何もかもこんなに大変なんだ?

成功するためには不断の努力が必要だ――そう信じて、私たちは今まで頑張ってきた。最高の成果を上げるために必死で働き、脳と体を酷使する。疲れていなければ頑張りが足りないのだと思って、いつも限界まで自分を追い込む。ところが、努力の結果は、思うようには返ってこない。頑張れば頑張るほど、前に進むのが難しくなる。2倍働いているのに、気づけば半分しか進んでいない。本当は、何もかもがそんなに大変である必要はない。頑張ってもうまくいかないなら、別の道を探したほうがいい。

エッセンシャル思考は「何を」やるかを教えてくれた。エフォートレス思考は「どのように」やるかを極める技術だ。いちばん重要なことを、いちばん簡単なやり方でやる。そうすれば、余裕で思い通りの成果が出せる。

エフォートレス思考を読めば、
・「我慢」が「楽しい」に変わる
・最適なペースを見つけられる
・複雑なプロセスが驚くほどシンプルになる
・一度の意思決定で、未来の無数の選択を省略できる
・さまざまな問題を未然に防げる
・人づきあいのストレスが減る
・その他、人生のあらゆる面に応用できる

エフォートレス思考は、怠惰なやり方ではない。スマートで正しい生き方だ。

Amazon商品ページより

40万部を売り上げた『エッセンシャル思考』の第二弾となる本書。

年々努力することが当たり前という風潮になり、気の休まる時間のない現代において必要とされる考え方について書かれています。

この記事では、本書を読んでほしい人を挙げたり、個人的な感想を書いたりしています。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で3か月2,940円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

エフォートレス思考の意味とは

内容に入る前に、タイトルの意味について。

エフォートレス思考とは本書における造語で、『エフォートレス(effortless)』と思考が合わさっています。

エフォートレスには『努力を要さない』という意味があり、思考と合わさることで『努力を最小化して成果を最大にする』思考という意味になります。

では、どのような考え方をすることで上手に手を抜くことができるのか。

それについては後述します。

こんな人にオススメ

頑張りすぎな人

現代では様々な挑戦できる環境にあるので、努力を惜しまない人が増えてきたように思えます。

その一方で努力しないことが悪であるような言われ方をされ、気を抜けずに燃え尽きてしまって見える人も増えてきました。

僕も自分の努力に限界を感じていて、それを解消するために本書を手にとりました。

頑張っても限界があることの例えとして、本書では『ビッグロックの法則』が登場します。

これは優先事項の高いものを大きな石、低いものを小さな石に例え、大きな瓶にまず大きな石を詰めることで、大事なことを達成しつつも他のことをする余裕が生まれることを例えています。

しかし、著者のグレッグはそもそも大きな石が多すぎることを指摘。

それを解消するためにエフォートレス思考という『どのように』やるかを極める技術の重要性を説いています。

人生を楽しめない人

人生を楽しむには充実感だけでなく余裕が必要で、どんなに努力しても余裕がなければただ辛いだけです。

しかも消耗している効率は落ち、ますます目標から遠のくという負のスパイラルが待っています。

そこで本書では、まず頭の中にあるガラクタを片付けて余裕のあるマインドを手に入れることを勧めています。

それによって新たなリソースが生まれ、最高の成果を出す準備が整います。

成果が出るようになったら、行動を自動化して成果が勝手についてくる仕組みを作るよういっています。

そうすれば自分が働かない間にも成果が生まれ、自分のリソースを他に割いて新たな成果を生み出すことができます。

あるいは大事な人、ものに集中し、充実感を得ることができます。

感想

読んだ理由は危機感

実は前作である『エッセンシャル思考』は読んでいません。

当時は自己啓発自体に懐疑的だったし、現状に不満などありませんでした。

しかし、現在では家族を持ち、仕事の責任が増し、自分のやりたいことに割けるリソースは減るばかり。

幸せな環境を掴んだはずなのに、いつも余裕がなくて些細なことにイライラしてしまう。

このままでは重荷に押しつぶされてダメになってしまうという破滅的な予感がありました。

そこで本書を手に取ることにしました。

結果として、読んでみて憑き物が落ちたようにスッキリしました。

現状を受け入れる

必要かどうかを見極め、必要最低限のことだけに集中しているつもりでした。

ところが実際は手が空くと新しいことを始めたくなり、自分で自分の首を絞めていました。

これは根底に頑張ることが正義だという固定概念が理由だったように思えます。

本書を読むと、自分がいかに力ばかり入れて大した成果を生み出していなかったのかが分かりました。

楽をして最高の成果を手に入れ、余ったリソースを家族に注ぐ。

これが最高の状態であることは一目瞭然です。

本書をじっくり読むことで無駄な頑張りがあることが染みわたり、肩の力が抜けた気がします。

他人は他人、自分は自分。

現状を正しく受け入れることで、未来が明るくなりました。

ゾーンを目指す

スポーツなどでよく『ゾーンに入る』という言葉が使われますが、エフォートレス思考が目指すのもここです。

余計なものを排して、目の前のことだけに集中できる最高の精神状態。

久しく覚えのない感覚なので、まずは一度でもいいのでその感覚を思い出したいと思います。

出来れば仕事ではなく、趣味や子どものことなどプライベートなことで目指したいです。

過去のいらない価値観を捨て、今必要としているものにだけ目を向ける。

もう2022年が楽しみで仕方ありません。

おわりに

分かっていてもなかなか実行できないことですが、本で読むことでスッと入る人も多いと思います。

楽をすることは決して怠けることではないので、積極的に楽をして良い未来を手に入れましょう。

この記事はかなり自分への戒めが入っているので、僕もちゃんと実践します。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で3か月2,940円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

オススメ文庫小説を紹介しています。