ミステリー

米澤穂信『ボトルネック』あらすじとネタバレ感想!徹底的に打ちのめされる残酷な青春ミステリ

恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。

「BOOK」データベースより

『ボトルネック』といういい意味では使わない言葉と、高校生が主人公の青春ミステリ。

米澤穂信さんらしい苦さがあると予想していましたが、それを遥かに上回る辛い話でした。

ここまでしなくても、と思ってしまうくらい徹底的に主人公を打ちのめすのですが、直視するのが辛いと思いながらも読まずにはいられませんでした。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

産まれなかった世界

嵯峨野リョウは友人の諏訪ノゾミが二年前、強風が原因で崖から落ちて亡くなった現場・東尋坊を訪れていました。

兄の通夜に出るために戻ろうすると不意にノゾミの声が聞こえ、全身の血の気が引いたリョウは崖から落ち、気が付くと見慣れた金沢の街にいました。

日付は東尋坊に行ったその日で、自力で帰ってきたとしか思えません。

リョウは不思議に思いながらも自宅に戻ると、そこには見知らぬ少女がいました。

彼女は嵯峨野サキといい、この家の住人だといいます。

リョウとサキのお互いを警戒しますが、リョウはあることに気が付きます。

リョウには生まれてこなかった姉・ツユがおり、彼女がいないことでリョウが生まれてきました。

年齢から考え、サキ=ツユなのではないか。

ここはサキが生まれたことで、リョウが生まれなかった世界なのではないか。

サキも徐々にではありますがリョウの話を信じるようになり、二人はリョウが元の世界に戻るための方法を探します。

様々な分岐点

一見、二つの世界はほとんど同じように見えますが、徐々に違いが見えてきました。

リョウのいた世界と違い、この世界でサキの両親は仲良く、兄も生きている。

さらに驚くことにノゾミも生きていて、性格もリョウの知るノゾミとは正反対だったのです。

何がこの差を生んだのか。

それはリョウとサキの行動の違いでした。

それぞれの事柄には分岐点が存在し、そこでリョウ・サキが起こした行動が今を作っていたのでした。

ボトルネックは何か

リョウは二つの世界の違いを見つけていく中で、ボトルネックという言葉を見かけます。

瓶の首は細くなっていて、水の流れが妨げているからできた言葉。

システム全体の効率を上げる場合の妨げとなる部分の名称。

リョウは自分のいた世界にはボトルネックがあることを理解し、それが何なのか。

それは明らかで、リョウは徹底的に打ちのめされていきます。

スポンサーリンク



感想

清々しいほど救いのない物語

僕は米澤さんの作品が持つダークな部分が好きで『儚い羊たちの祝宴』が特に好きなのですが、本書にはそのダークな部分がこれでもかと凝縮されています。

タイトルにあるボトルネックの意味。

読者はすぐに気が付くと思いますが、そこで終わりではないのが特徴です。

原因が判明してもなお追い打ちをかけ、リョウを徹底的に打ちのめすのです。

この部分に米澤さんの冷静さが垣間見え、作品のために非情になれる覚悟がひしひしと伝わってきました。

同情しつつも

リョウの置かれた家庭環境は最悪に近いもので、今のネガティブな彼になってしまったのも仕方がない部分もあります。

正直、同情しました。

一方で、結局自業自得では?と冷静に思ってしまう自分がいました。

確かに様々な分岐点においてサキとの違いを見せつけられ、自分が全ていけないのだと思いたく気持ちも分かります。

しかし、自分の行動が変われば結果が変わることが分かったわけで、そこから立ち直ればまだ何とかなったはずでは?と思わずにはいられませんでした。

もちろん僕は自分の行動で何かを壊し、失ったという経験があまりないので、だからこそこんなことが言えることも分かっています。

それゆえに読んでいて複雑な気持ちが際限なく押し寄せ、ここまで徹底的に書き切った米澤さんの実力と冷静な計算にただ感心するしかありませんでした。

おわりに

人によって読み進めるのが辛い作品かもしれません。

しかしここまでやり切るからこそ生まれるものがあり、米澤さんの強みがよく表れている名作です。

綺麗ごとだけではない青春を見たいという人には、少しピントがズレているかもしれませんが非常にオススメです。

米澤穂信さんのランキングを作りました。