漫画

『MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 18巻』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!

女子7人の風林中、県大会準優勝校に挑む!
県大会準優勝の強豪・辻堂中との試合に向け気合い十分の大吾たち。
だが舐められまくりの風林中は、屈辱の10点ハンデをもらい試合開始。
大尾中戦の悔しさをバネにして、進化したその実力を見せつけろ!!!

【Amazon内容紹介より】

前回、千代が仁科に好意を抱いていることを知った千里は、あることを思いつきます。

今回はそこから始まります。

第163話 積極的

仁科はアニータに呼び出され、中庭に行くとそこにはアニータと千里がいました。

二人は、千代は仁科のことが気になっていることを伝え、それを利用して野球部に入部させるよう仁科に頼みます。

気の進まない仁科ですが、美術部に行くと、千代は美術部をやめた後でした。

入れ違いで千代は野球部を訪れていて、マネージャーとして入部したいと言い出します。

大吾は選手としての入部を勧めますが、千代はその点については譲らず、とりあえずマネージャーとして入部することに。

千代の入部によって練習効率が上がりますが、千代の視線は常に仁科に向けられていました。

練習後、大吾は県南の強豪・辻堂中学と練習試合を組んだことをみんなに報告します。

まだ風林のかなう相手ではありませんが、大吾の狙いは千葉を試すことで、その内容によって太鳳と千葉、どちらをショートに起用するのか決めるのだといいます。

スポンサーリンク



第164話 10人目の選手

練習試合を控え、千葉が練習を休みます。

チームメイトの間では、サボりだろうということに。

一方、千代は体力をつけるために練習に参加。

運動音痴を自称するわりにしっかり練習についてきていて、ますます野球をやらない理由が分からなくなります。

練習後、大吾と仁科は千葉の家を訪れますが、そこで千葉が盲腸になり、一週間入院することを知らされるのでした。

第165話 練習試合へ

練習試合当日。

千葉の欠場により、千代はレフトで先発出場することになりました。

辻堂は相手のレベルによってハンデを与えるルールを設けていて、風林に与えられた点数は10点でした。

スポンサーリンク



第166話 屈辱の10点リード

屈辱的な状況ですが、相手の実力は確かで、初回は手も足も出ません。

しかし睦子も負けておらず、前回の敗北をバネにして成長し、相手打線を抑えます。

第167話 なんだこのチーム?

二回の風林の攻撃。

大吾がいきなり二塁打を放つと、続くアニータが二ランホームランを決めます。

全て大吾の指示の賜物です。

相手投手はストレートとスライダーで腕の位置が違うため、それを見て狙い球を絞っていたのでした。

続く仁科もヒットで出塁し、辻堂はようやく風林が只者でないことに気が付きます。

スポンサーリンク



第168話 押せ押せ!

しかし、相手のピッチャーのレベルが決して低いわけではなく、睦子、関鳥が凡退。

二死で、千代の打順が回ってきます。

ここで千代の野球をやらない理由が語られます。

千代は先に野球を始めたのに、後から始めた千里に一瞬で抜かれ、父親である藤井の情熱は千里に注がれ、みじめな思いをしたのでした。

そんなことを思い出し、打とうとすらしない千代。

しかし、千里は千代が昨晩、素振りしていたことを明かし、叱咤激励します。

第169話 見損なったよ!!

千里の言葉で、千代の目の色が変わります。

千里のバッティンググローブを貸してもらうと、再び打席に立ちます。

投手の癖を知っているとはいえ、スライダーを打ってライト前に運び、千里に天才だと言わしめるのでした。

辻堂のコーチはこのままでは試合が壊れると判断し、ベンチに座るマリオという選手を呼びます。

第170話 クセ者エース

マリオはマイペースで、コーチの指示にもなかなか動きません。

その間に風林は満塁のチャンスを作り、打順は三番の弥生に回ってきます。

ここで辻堂は、投手をマリオに交代。

彼らの会話から、相手チームが二軍に相当するBチームであることが判明します。

試合が再開。

マリオが投げた初球は弥生のお尻に当たってデッドボールとなり、あっさり押し出しの一点が入ります。

緩む空気ですが、大吾だけは違いました。

弥生が全く避けられないほどのスピードに驚き、立ち上がりの間に叩こうと気を引き締めます。

しかし、マリオのボールは予想をはるかに超えたスピードで、大吾は唖然とします。

第171話 マリオボール

マリオのボールの最高速度は130km/hで、それでもまだ中学一年生という天才ぶり。

あっという間に追い込まれる大吾ですが、追い込まれてからはボールに食らいつき、ファールを連発。

一歩も引きません。

マリオがストレートにこだわっているように見せます。

しかし実際は、マリオボールという球種を投げて捕手がとれず、点が入るのを懸念していただけでした。

舐められている捕手は捕れると断言し、ついにマリオは魔球マリオボールを披露します。

フォークのように落ちて、けれどスライダーのように少し斜めにも沈む変化球で、大吾は三振。

あれだけ大口をたたいた捕手も捕れずに後ろにそらしますが、一塁に送球して何とかアウトをもぎとります。

大吾はこれ以上点数がとれないことを覚悟し、しっかり守っていこうとチームメイトを鼓舞します。

第172話 嵐の気配

順調に進む試合。

九番のマリオが打席に立つと、大吾は相手が一年生中心のBチームであることを明かされます。

そしてマリオはいとも簡単に二塁打を放ち、辻堂がようやく活気づきます。

大吾はみんなの動揺を避けるために相手がBチームであることを黙っていますが、辻堂打線は勢いに乗り、さすがに焦りを感じ始めます。

その時、相手のコーチのスマホに連絡が入ります。

監督から、試合が終わってAチームがもうすぐ学校に着くという内容でした。

おわりに

敗北から学び、成長を見せてくれた風林ですが、次巻から登場するAチームにはかなり苦戦しそうです。

ハンデすらあっという間にひっくり返されそうですが、ぜひ何か収穫のある試合になってくれればと思います。

アニメ『メジャーセカンド』を見よう!

ちなみに、アニメ『メジャーセカンド』が『アニメ放題』で見られます。

月額400円(税抜)で3,000作品以上が見放題ですが、今なら初回1ヶ月間無料で見放題です。

ぜひこの機会にお試しください!

(この情報は2020年1月21日時点の情報です。キャンペーン、配信作品が変更になっている可能性もありますので、公式ホームページでご確認ください)

読書に特化した端末『Kindle Paperwhite』
詳細はコチラ
読書に特化した端末『Kindle Paperwhite』
詳細はコチラ