ミステリー

東野圭吾『夜明けの街で』あらすじとネタバレ感想!不倫相手が抱えていたのは十五年前の殺人事件

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。

「BOOK」データベースより

不倫は良くない。

一度だけなら。

こんな甘い認識をぶち壊してくれる、スカッとする恋愛×ミステリ作品です。

読んでいる人の立場によって感想も異なると思いますが、派手さはない分、堅実で素直に面白かったです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

運命の出会い

渡部は既婚で子供がいて、不倫するやつは馬鹿だと思っていました。

ところが、勤め先に契約社員としてやってきた仲西秋葉にひょんなことから心を奪われ、超えてはいけないと決めていたラインをあっさりと超えてしまいます。

一度超えたラインはもはや境界線などではなく、それから渡部は秋葉に溺れていきます。

どちらをとるか

秋葉は不倫が何たるかを心得ていて、今の関係が壊れないよう渡部に家庭を優先するよう何度もいいます。

それは実現しない夢を見ないようにする、自分の防衛のためもありました。

しかし、渡部はその時の感情に流され、家族ではなく秋葉を何度も優先し、その度に自分が甘い地獄にはまってしまったことを実感します。

妻である有美子が気づいた様子はなく、渡部は罪悪感を抱きながらもこの関係を続けます。

過去の事件

そんな時、秋葉の家では十五年前に人が亡くなっていることが判明します。

名前は本条麗子といい、秋葉の父親の秘書を務めていた人でした。

麗子は胸に包丁が刺さった状態で発見され、当時、家にいたのは麗子の死体を見つけて気を失った秋葉だけ。

警察は状況から強盗の仕業だと推測しますが、犯人が見つからないまま十五年近くが経過していました。

秋葉は詳細について四月になれば話せるといいますが、渡部はあとでそれが時効の日であることを知ります。

秋葉は事件について何を知っているのか。

渡部は秋葉と家庭の間で揺れるだけでなく、事件についても次第に巻き込まれていきます。

スポンサーリンク




感想

愚かな男の末路

不倫はろくなことにならない。

誰もが思っていても、いざ当事者になると甘い考えを持ち始め、地獄に落ちて初めて自分の愚かさに気が付く。

そんな当たり前のことを本書は教えてくれます。

渡部はこれまで良識があって浮気をしたことがなく、良い夫、父親を演じていると思っています。

しかし客観的に見れば愚かな男であり、救いようのない男です。

誰に忠告されても止まれないあたりに不倫の魔力があり、自分の戒めにしようと心に誓いながら読んでいました。

そういう意味で、不倫の恐ろしさを身をもって教えてくれた渡部には感謝しています。

妻や娘との安定した生活を壊すのは怖いけれど、秋葉が他の男に興味を持つなんて許せない。

この身勝手な考え方は最高にクズで、とても勉強になりました。

女性の健気さ

本書では主に秋葉と有美子の二人にスポットライトが当てられ、渡部が勝手に比較しています。

自分の忘れていた男の部分をくすぐる秋葉。

献身的に夫や娘を支える有美子。

どちらも女性として素晴らしく、余計に渡部の愚かさが目立ちます。

特に秋葉は本書のヒロインという立ち位置にいますが、本当に人間としてよくできています。

不倫の超えてはいけないラインを熟知し、年上で既婚の渡部に何度も超えないよう忠告する。

あくまで自分に遊びと言い聞かせますが、本心では渡部と本当に結ばれることを願ってしまう。

健気だからこそ渡部とはいち早く別れ、良い人を見つけてほしいと、読んでいてずっと思っていました。

本書を最後まで読み進められたのは秋葉のおかげかなと思っています。

ミステリ部分でも驚きがある

正直、他の東野作品に比べると、ミステリ部分に大きな驚きはありません。

過去に殺人事件が起きていますが、関係者がかなり限定されているので動機も含めると余地はあまりなく、ミステリを読みなれている人であれば真実に自力で辿り着くことも難しくはありません。

しかし、それでも一捻りが加えられていて、そこにちゃんと驚きが込められている点は評価すべきだと僕は思います。

不倫という恋愛要素に加えてミステリ部分もしっかり主張しているので、読み物としてもワンランク上に仕上がっています。

おわりに

不倫はいけないこと。

その末路をしっかり見られて、大満足です。

特におまけのオチが最高で、人間の醜い一面は面白いと改めて思いました。

東野さんの他の作品に関する記事はこちら

東野圭吾さんのランキングを作りました。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。

オススメ恋愛小説のランキングを作りました。

オススメ文庫小説を紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?