小説

『死にたい夜にかぎって』ネタバレ感想!様々な女性と共にした半生

スポンサーリンク

created by Rinker
扶桑社
¥715
(2019/12/13 19:33:07時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ化決定の話題作がついに文庫化。愛が欲しくて愛に振り回された男の実話小説。忘れたくない失恋(かこ)がある。

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――
憧れのクラスメイトに指摘された少年は、その日を境にうまく笑えなくなった。
“悲劇のようで喜劇な人生”を切なくもユーモア溢れる筆致で綴る作家・爪切男のデビュー作。出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売る女etc.
幼くして母に捨てられた少年は、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻 していく。文庫には、アイナ・ジ・エンド(BiSH)による解説「死にたい夜を超えていく」を特別収録。 ドラマは2020年初春に放送予定。

<本文より>
私の笑顔は虫の裏側に似ている。
学校で一番可愛い女の子が言っていたのだから間違いない。
生まれてすぐに母親に捨てられ、母乳の出ない祖母のおっぱいを吸って育った。
初恋の女の子は自転車泥棒で、初体験の相手は車椅子の女性だった。
初めて出来た彼女は変な宗教を信仰しているヤリマンで、とにかくエロかった。
そして今、震度四強で揺れる大地の上で人生最愛の女にフラれている最中だ。
部屋の窓から鋭角に差し込む朝の光を浴びた彼女が、ヤジロベエのようにゆらゆらと揺れている 。

【Amazon内容紹介より】

UVERworldのボーカル・TAKUYA∞さんがブログで紹介していたので読んでみました。

後述しますが、とんでもない内容です。

悲しい、辛いエピソードが盛りだくさんで、それでいて可笑しくてくすっと笑ってしまうユーモアにあふれています。

しかも本書、2020年初春に連続ドラマ化されることが決まっています。

扶桑社公式特設サイトはこちら

 

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

多少のネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

あらすじ

女性に振り回される人生

冒頭、主人公は六年同棲した彼女・アスカに別れを切りだされ、そこから過去を振り返るようにして物語が展開します。

本書の魅力はなんといっても、主人公に関わる女性がとんでもなく個性的で、まずお目にかかれないような人ばかりだということです。

最初に出てきるのは高校の同級生。

誰もが憧れる才色兼備のマドンナのはずでしたが、みんなが知らないところでは主人公の顔を『君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね』と評価し、嬉しそうにその顔にビンタを喰らわせます。

他にも出会い系で知り合い童貞を捧げた車椅子の女性、カルト宗教を信仰する女性、新宿で唾を売って生計を立てていた女性(アスカ)など、挙げ出したらキリがありません。

人生でこのうちの一人が現れただけでもすごいことなのに、主人公の周りには常にこうした女性がいます。

そして、主人公もそれを嫌がるわけではなく、時にその女性たちを愛しく思い、人生の大事な一部だと受け入れています。

この潔さ、爽やかさが本書の陰湿さを軽減させ、ユーモア溢れる部分を作り出しています。

この主人公が生きていることを考えると、自分の人生はまだまだ平坦だと思えるのだから不思議です。

作者の経験談

あとがきで作者の爪切男さんが言及していますが、本書のエピソードは爪切男さんの実体験がベースになっています。

しかもかなりそのままです。

主人公と六年共に暮らしたヒロイン・アスカは実在するし、嘘のようなとんでもエピソードも実際にあったことのようです。

当然というか、本文を読み終わってからあとがきを読んだのですが、もう驚いて何度か読み直してしまいました。

とんでもない話を思いつく人だなと思っていたら、本当にあった話だったのです。

では、そんな人生を歩んできた爪切男さんはどんな人だろうと思っていると、これまたとんでもない人でした。

自身を全裸作家と呼び、全裸で原稿を書いたのだといいます。

そして、あとがきで語られる内容は爪切男さんの内面がだだ漏れで、ここまで自分を曝け出すには相当の勇気が必要だったと思います。

あるいは、曝け出すことで一種の快感を得ているのかもしれませんが。

最後には、この本は誰のものでもなく、自分のための本だと断言しています。

この言い方も気持ちの良いもので、それだけに本書にかける熱意がビシビシ伝わってきました。

スポンサーリンク



おわりに

残念ながら、万人受けする話ではありません。

下品な話も多く、この手の話が苦手だったり嫌悪する人がいてもそれは当然のことです。

しかし、本書に描かれているのはまぎれもない一人の人間の人生で、必死で生きている人には特に読んでほしいと思いました。

人生にはどんな辛いことがあるのか。

それをどう感じるのか。

辛い夜をどう乗り越えるのか。

年々、お互いを監視し合うようにして息苦しい社会になってきましたが、そんなご時世だからこそ、こういった赤裸々で馬鹿げた小説が必要だと僕は考えます。

案外、死にたいと思う人は自分の半生を小説にすると、それは実は面白くて生きる価値のある人生だと気が付くことができるのかもしれません。

created by Rinker
扶桑社
¥715
(2019/12/13 19:33:07時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です