SF

『三体Ⅱ 黒暗森林』あらすじとネタバレ感想!壮大な序章から一気に展開するシリーズ第二弾

harutoautumn

人類に絶望した天体物理学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)が宇宙に向けて発信したメッセージは、三つの太陽を持つ異星文明・三体世界に届いた。新天地を求める三体文明は、千隻を超える侵略艦隊を組織し、地球へと送り出す。太陽系到達は四百数十年後。人類よりはるかに進んだ技術力を持つ三体艦隊との対決という未曾有の危機に直面した人類は、国連惑星防衛理事会(PDC)を設立し、防衛計画の柱となる宇宙軍を創設する。だが、人類のあらゆる活動は三体文明から送り込まれた極微スーパーコンピュータ・智子(ソフォン)に監視されていた! このままでは三体艦隊との“終末決戦”に敗北することは必定。絶望的な状況を打開するため、前代未聞の「面壁計画(ウォールフェイサー・プロジェクト)」が発動。人類の命運は、四人の面壁者に託される。そして、葉文潔から“宇宙社会学の公理”を託された羅輯(ルオ・ジー)の決断とは? 中国で三部作合計2100万部を突破。日本でも第一部だけで13万部を売り上げた超話題作〈三体〉の第二部、ついに刊行!

Amazon商品ページより

三体世界の巨大艦隊は、刻一刻と太陽系に迫りつつあった。地球文明をはるかに超える技術力を持つ侵略者に対抗する最後の希望は、四人の面壁者(ウォールフェイサー)。人類を救うための秘策は、智子(ソフォン)にも覗き見ることができない、彼らの頭の中だけにある。面壁者の中でただひとり無名の男、羅輯(ルオ・ジー)が考え出した起死回生の“呪文”とは? 二百年後、人工冬眠から蘇生した羅輯は、かつて自分の警護を担当していた史強(シー・チアン)と再会し、激変した未来社会に驚嘆する。二千隻余から成る太陽系艦隊に、いよいよ出撃の時が近づいていた。一方、かつて宇宙軍創設に関わった章北海(ジャン・ベイハイ)も、同じく人工冬眠から目醒め、ある決意を胸に、最新鋭の宇宙戦艦に乗り組むが……。アジアで初のヒューゴー賞長篇部門に輝いた現代中国最大のヒット作『三体』待望の第二部、衝撃の終幕!

Amazon商品ページより

シリーズ第二弾となる本書。

前の話はこちら。

あわせて読みたい
『三体』あらすじとネタバレ感想!全世界で大ヒットを記録したSF小説
『三体』あらすじとネタバレ感想!全世界で大ヒットを記録したSF小説

前作はあくまで壮大な序章であり、これからが本番だといわんばかりに、本書では物語がさらにスケールを増します。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

事故

本書の主人公は、葉文潔の娘・楊冬(ヤン・ドン)の高校の同級生である羅輯(ルオ・ジー)。

彼は天文学を学び、様々な女性と浅い付き合いと別れを繰り返していました。

今回も一人の女性と別れようとしていましたが、その時、二台の車が目の前で衝突します。

羅輯は消火栓に足をとられて転んだことで助かり、女性は車に轢かれて亡くなります。

その後、羅輯のもとを元警察官の史強が訪れ、羅輯をとある場所に連れていきます。

羅輯の特異性

ここで羅輯の過去が描かれます。

彼はかつて白蓉(バイ・ロン)という思春期小説の作家と交際していました。

ある日、白蓉から自分のために小説を一冊書いてほしいとお願いされます。

主人公は羅輯が心の中で一番美しいと思う女性。

それは現実から離れてもいい、まさに夢に見るような理想像。

羅輯は言われた通り、小説を書きますが、いつの間にか創造した女性は彼の考えを離れて勝手に動き出し、彼の心の中に住み着いていました。

羅輯にとっての真実の愛とは、頭の中にだけ存在する彼女との間に生まれたものなのです。

心配になってカウンセリングを受けますが、医師は大部分の人間の恋愛対象もまた想像の中に存在するのだと、問題がないことを伝えるだけでした。

これが羅輯の人生で一番深入りした恋愛経験であり、この後の彼の運命に大きな影響を及ぼします。

面壁者

羅輯が連れていかれたのは、国連総会議場でした。

各国の代表が集まる中、面壁計画の開始が発表されます。

現在、地球には多くの智子(ソフォン)が侵入していて、地球上のあらゆる活動は三体人に筒抜けでした。

そのため、どんな作戦を立てようとも、それは三体人の知るところであり、すぐに対策を練られる、あるいは妨害されてしまい、意味がありません。

しかし、三体人にも把握できないものがありました。

それは、人間それぞれが考えていることです。

三体人は人間の心を読めるわけではないため、考えを口にしない限り、それが三体人に知られることはありません。

そこで面壁計画では、作成計画を理圧案し指揮する人間(面壁者)を四人選び、彼らの頭の中だけで作戦を練ることにしました。

面壁者には絶大なる権力が与えられ、その他大勢の人間は面壁者の命じることに何らかの意味があると信じて命令に従うしかありません。

そんな壮大な作戦が発表され、面壁者が指名されていく中、四人目の面壁者に得らばれたのはなんと羅輯でした。

感想

人類の存亡をかけた計画

前作で三体人が四百年後に地球を訪れることが示され、人類はそれに対する対処法を考えないといけなくなりました。

智子によって地球上全てのやりとりが監視されている中、どうすれば良いのか。

そこで立案されたのが、面壁者による作戦です。

誰ともコミュニケーションをとらなければ、それは三体人に知られることはない。

なら、自分の頭の中だけで計画を考え、それを実行すればいいじゃないか。

とんでもないことを考えるなと驚き、面壁者にかけられた途方もないプレッシャーを考えると、勝手に胃が痛くなりました。

前作の一・五倍というとてつもないボリュームで描かれる面壁計画。

少なくとも二回は読まないと理解が追いつきませんでしたが、それが簡単にできてしまうほど奥深い面白さがあり、シリーズの中でも特に評価が高いことに納得がいきました。

羅輯のキャラクター

はじめ、羅輯がどうしても好きになれませんでした。

妄想の彼女との間に愛を感じ、現実の女性と浅い関係を築き、しまいには面壁者であることを利用して妄想の彼女を現実で手に入れ、家庭を築いてしまう。

あまりに現実離れしたことの連続に理解が追いつかず、やばいやつが主人公になるものだと若干引きながら読んでいました。

ところが、読み進めるにつれて彼の人間性が馴染んできて、下巻に入る頃にはいつの間にか惹きこまれている自分がいました。

前作から登場する史強が良い味を出してるので、彼のおかげもかなりあると思います。

というか、史強の安心感は半端なく、影の主人公といっても過言ではないかもしれません。

三体人のユーモア

人類よりもずっと進んだ技術を有する三体人。

もはや人類に勝てる状況にはないように思えますが、そこはフィクション。

色々と抜け穴があり、人類はそこをついて彼らに立ち向かいます。

あれだけの技術を有しておいて、そんな間抜けなことってある?

そんなことを何度も思いましたが、一方でそこに三体人のユーモアのようなものも感じることができ、人類がつけ入る隙としてちょうど良かったのかなと思いました。

おわりに

一度読んだだけで理解しきるのはかなり無理があるなと感じました。

最初は流し読みでもよいのでまずは概要を掴み、二度目から詳細を追って読むことをおすすめします。

二度目でも新たな発見が多くあり、実りの多い読書となります。

次の話はこちら。

あわせて読みたい
『三体Ⅲ 死神永生』あらすじとネタバレ感想!壮大な物語を締めくくるシリーズ第三弾
『三体Ⅲ 死神永生』あらすじとネタバレ感想!壮大な物語を締めくくるシリーズ第三弾

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

関連記事はこちら。

あわせて読みたい
【2023年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
【2023年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました