MENU
ミステリ

『元彼の遺言状』あらすじとネタバレ感想!奇妙な遺言状に隠された真実とは?

本年度の第19回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、金に目がない凄腕女性弁護士が活躍する、遺産相続ミステリー! 「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。学生時代に彼と3か月だけ交際していた弁護士の剣持麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家の主催する「犯人選考会」に参加することとなった。数百億円とも言われる財産の分け前を獲得するべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走する。一方、麗子は元カノの一人としても軽井沢の屋敷を譲り受けることになっていた。ところが、避暑地を訪れて手続きを行なったその晩、くだんの遺書が保管されていた金庫が盗まれ、栄治の顧問弁護士であった町弁が何者かによって殺害されてしまう――。

Amazon商品ページより

第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した本書。

主人公である麗子の強烈な性格に、元彼の遺言状にかかわる誰もが興味を持たずにはいられない設定が目を引きますが、読みやすさの点でも優れています。

キャラクターの魅力に重きを置く人であれば、一読の価値ありです。

本書に関する新川帆立さんへのインタビューはこちら。

新川帆立さん『元彼の遺言状』 小説丸

また綾瀬はるかさん主演でドラマ化されました。

元彼の遺言状 公式サイト|フジテレビ

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

突然の訃報

弁護士の剣持麗子は自分に絶対の自信を持ち、お金を稼ぐことに異常な執着を見せていました。

そのせいで恋人と別れたような状態になり、職場ともボーナスの金額でもめてしばらく間仕事をしないことにします。

友人などほとんどいない中、麗子は話を聞いてもらおうと何人かの知人にメールを送り、大学時代の元恋人・森川栄治から返信がきます。

しかし、返信した相手は栄治の身の回りをしていた者で、栄治は一週間前に亡くなっていました。

奇妙な遺言状

麗子は栄治の友人・篠田と会い、事情を聞きます。

栄治は森川製薬を経営する森川家の一員で、六十億円もの資産を有していました。

彼が亡くなったので、親族であれば遺産の行方が気になるところですが、そこで一つの問題があります。

それは栄治の遺言状です。

栄治はインフルエンザで亡くなったとされていますが、遺言状には栄治を殺害した犯人に遺産全てを譲る、三か月以内に犯人が見つからなければ国庫に帰す、などの条件が記されていました。

篠田は栄治の死の真相を知りたいと願っています。

彼はちょっと前にインフルエンザにかかっていて、その状態で栄治と会っています。

そこでインフルエンザが移ったのであれば、立派な犯人といえます。

そうすれば遺産は篠田のもとに舞い込み、弁護士として麗子が彼の手助けをすれば、彼女も大金を手にすることが出来ます。

麗子は迷うことなく篠田の依頼を引き受け、彼を犯人に仕立て上げるために動き出します。

遺産を狙う人たち

森川製薬にとって栄治の遺言状は厄介です。

遺言状の内容は他にもあり、これは栄治の犯人に対する復讐であり、犯人が見つかっても刑事罰は望んでいないといいます。

罰は与えられず、ただ大金が舞い込む。

それによって犯人を名乗る人が多く現れ、森川製薬の経営陣は彼らと面談をして犯人かどうかを判断しないといけません。

仮にその中に犯人がいたとしても、遺産を森川製薬が良しとしない人物が受け取れば、後々面倒なことになりかねません。

つまり、森川製薬の経営陣にとって犯人が誰かは重要でなく、彼らにとって利害の一致する人物を犯人に仕立て上げたいのです。

麗子はその辺りを理解した上で交渉に臨み、まずまずの感触を得ます。

しかし、その後も栄治の遺言状に振り回され、やがて遺言状に隠された真の意図を知ることになります。

感想

清々しいほどの強烈な性格

本書はとにかく主人公の麗子が好きか嫌いかで賛否が分かれます。

感情移入ができない、というレビューを見かけますが、僕は登場人物に自分を重ねることがほとんどないので、麗子のように自分の気持ちに従って好き放題してくれるキャラクターは清々しくて大好きです。

僕自身はここまで自分の欲求に素直になれないので、自分の代わりにあらゆる感情をぶちまけてくれる感じがしてたまりません。

お手本のようなエンタメ

本書は分かりやすく面白く、まさにお手本のようなエンタメ小説です。

麗子はお金が好き、という自身の欲求に従い、思っていることを何でも口にしてしまう。

そのせいで周囲との間に不和が生まれ、これまで思ってもみなかったことで悩む。

塞ぎこんでいるところにタイミング良くきっかけが現れ、物語の終結とともに麗子が人間として成長する。

物語の最初と最後での麗子の変化は読んでいて楽しかったです。

シリーズ二作目もすでに発表されているので、麗子以外のキャラクターがもっと育てば一大シリーズになるはずです。

そこで成長した麗子はどう関わってくるのか。

今後に期待です。

終盤がやや雑

非常に楽しんで読めたのですが、麗子が一連の事件の真相に気が付いた頃から様子がおかしくなります。

ピンチから脱する時の方法が極めてご都合主義で、いくらフィクションとはいえ、謎解きを扱う作品でこれはやりすぎではと首をかしげました。

それから事の真相もとってつけたような内容で、そこから今回の一件に発展するのか?とこちらも疑問が残ります。

おそらく麗子というキャラクターと『元彼の遺言状』のアイディアが先にあり、そこに合わせるために設定を作ったのだという印象でした。

エンタメ小説として割り切り十分以上に楽しめていただけに、物語のたたみ方の雑さが目立ってしまいました。

ただ『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した作品は細かい部分というよりもエンタメとしてどれだけ強烈な印象を残せるかという点に主眼を置いているイメージがあるので、本書が大賞を受賞した点について異論はありません。

おわりに

全てに大満足とまではいきませんでしたが、一気読みしたくなる面白さがありました。

すでに二作目も発表されているので、引き続きシリーズを追ってどこまで面白くなるのか見届けたいと思います。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。