ミステリー

『教場0~刑事指導官・風間公親~』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

スポンサーリンク

あの鬼教官が、殺人現場に臨場!

第一話 仮面の軌跡
日中弓は、借金の肩代わりに芦沢健太郎と交際を続けてきた。大企業の御曹司から見初められ別れを告げるが、芦沢に二人の秘密を暴露すると言われる。
第二話 三枚の画廊の絵
画廊を営む向坂善紀は四年前に離婚し、息子匠吾の親権を手放した。高校二年生の匠吾には、抜群の芸術的センスがある。本人も芸大進学を希望しているが、その夢を阻む者が現れた。
第三話 ブロンズの墓穴
佐柄亜津佐の息子である小学三年生の研人は、学校でいじめに遭い、登校拒否になってしまった。だが担任の諸田伸枝は、いじめの存在を認めない。面会を拒否する諸田に、佐柄は業を煮やしていた。
第四話 第四の終章
派遣社員の佐久田肇は、隣室に住む女優筧麻由佳の美しさに惹かれていた。その佐久田のもとへ、麻由佳が助けを求めてやってくる。彼女の部屋で俳優の元木伊知朗が、自殺しようとしているというのだ。
第五話 指輪のレクイエム
自宅でデザイン事務所を営む仁谷継秀は、認知症の症状が進む妻・清香の介護に疲れ果てていた。仁谷は五十歳、清香は七十歳。こんな日が来ることを覚悟はしていたが、予想よりも早かった。
第六話 毒のある骸
国立S大学の法医学教授である椎垣久仁臣は、服毒自殺した遺体を司法解剖する際、事故を起こし、助教の宇部祥宏に大けがを負わせてしまった。事が公になれば、自らの昇進が流れてしまう。

【Amazon内容紹介より】

タイトルに『0』とある通り、教場シリーズの前日譚となる本書。

教官の風間がまだ現場で働いていた時のエピソードが描かれています。

現場か教場かの違いはありますが、風間の下で若手が学ぶという図式は変わりません。

しかし、現場で求められる判断には責任感がついてくるので、そういった緊迫感が本書では楽しめます。

構成としては、どの章も犯行→推理と描かれているので、読者は犯人が誰かを知った上で、それをどう暴くかを注目することになります。

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

第一話 仮面の軌跡

殺人

日中弓はホストクラブの経営者である芦沢健太郎と仮装パーティーに参加。

帰り道、芦沢の提案で、弓はベネチアンマスクをつけた状態でタクシーに乗り込みます。

道中、弓は芦沢に別れを切りだします。

弓は信用金庫に勤めていましたが、横領が発覚して、芦沢に頼るしかありませんでした。

しかし、今は借金もなくなり、婚約者もいます。

タクシーは婚約者が待つXビルに向かっていて、芦沢はもはや不要の存在でした。

ところが、芦沢は弓の裸体が映る画像をバラまくと脅迫してきます。

タクシーの運転手が、猫を轢いたかもしれないと車から降りるタイミングで、弓は芦沢の胸ポケットに櫛を見つけました。

それを引き抜き、刃部を芦沢の胸に刺して殺害。

幸い、マスクで弓の顔は見られていません。

タクシーの運転手に眠っているように見せかけた芦沢を送らせると、弓はXビルに入っていくのでした。

風間道場

瓜原潤史は上司の命令で、県警本部捜査一課強行犯係にいる風間公親の下につきます。

T県警では、風間の下に経験の浅い刑事を送り込み、風間の指導によって育成させるシステムが存在しました。

瓜原は現場で風間から教えをうける中、芦沢が殺害された事件の連絡が入ります。

タクシーの運転手の情報から犯人が女性であることはすぐに分かりましたが、そのタクシーには防犯カメラが設置されておらず、特定には至らない状況でした。

犯人は防犯カメラのついていないタクシーをあらかじめ把握していた可能性が出てきて、タクシー会社の関係者を洗います。

すると、同社御曹司の婚約者である弓が浮上。

瓜原はCデパートで働く弓に客になりすまして近づき、彼女が犯人であることを確信しますが、証拠が足りませんでした。

結末

その後、風間のアドバイスによって瓜原は真実に気が付きます。

ある日の朝、二人は弓の家に行くと、職場まで送っていく間に話を聞くと嘘をつき、事件の日、タクシーが通った道を逆走します。

そして、その道は芦沢が遺したダイイングメッセージでした。

『日中弓』という文字はどれも一筆書きすることができ、今通った道を地図上で見ると、彼女の名前が浮かび上がります。

弓はついに観念するのでした。

スポンサーリンク



第二話 三枚の画廊の絵

事件

向坂善紀は離婚後も、息子の匠吾のことを気にかけていました。

父親と同様、もしくはそれ以上の画家としての才能を持つ匠吾ですが、別れた妻の再婚相手である歯科医・苅部達郎は匠吾を跡取りにしようと考え、芸大に進むことを反対していました。

そこで善紀は、治療と称して苅部を呼び出し、説得します。

しかし、苅部はそれに応じず、興奮して突き飛ばしてしまいます。

すると頭をぶつけた苅部は死亡し。

善紀は考えた末、苅部を解体し、山に埋めるのでした。

大きな絵

折本直哉は上司の命令によって風間の下で働くことになりました。

大雨によって土砂崩れが起き、偶然にも苅部の死体が見つかりますが、頭部が見つかりません。

しかし風間は、DNA鑑定よりも先に犯人を見つけられると断言し、その役目を折本に託します。

捜査の過程で、容疑者として善紀が浮上。

折本は風間の許可をとり、善紀に絵を依頼します。

それは苅部の死体が埋まっていた山の絵で、それを表のショーケースに飾ってほしいとお願いします。

大勢の人の目に触れさせることで、善紀を同様させようという魂胆です。

ところが、出来上がった絵は依頼したものよりもずっと大きいものでした。

結末

折本は死体の身元が分かったとして、善紀に苅部の名前を伝えます。

しかし、善紀は自分が犯人だと認めませんでした。

DNA鑑定までに落とせなければ、転属届を出すよう風間に言われている折本にもう時間はありません。

なぜ落ちなかったのか考える折本に対して、風間は善紀が大事にしているもの、もしくは人を考えるよういいます。

その時、匠吾が善紀の画廊に入り、芸大を受けることを伝えます。

そして、善紀は自首します。

以前の聞き込みで、匠吾は芸大の入試に必要のない化学を勉強していることを知った風間は、それこそが善紀の心残りなのではと考えました。

そこで善紀に絵を描いて外に飾ることで、通学バスに乗る匠吾に見せて絵の道に進む決心をさせたかったのです。

善紀は匠吾が決心したことで憑き物が落ち、すっきりとした顔を見せるのでした。

第三話 ブロンズの墓穴

事件

佐柄美幸には不登校の息子・研人がいますが、美幸は不登校の原因を担任の諸田だと考えていました。

美幸は諸田にいじめの事実を確認しますが、そんなものはなかったと諸田は一蹴。

そこで美幸は早朝に濃い霧が発生する日を狙って、計画を実行します。

その前日、事前に諸田の帰り道を待ち伏せし、凶器で頭を殴って殺害。

車のトランクにしまうと、アリバイ作りのためにゴルフ場で練習をします。

その後、諸田の勤める小学校に行くと、そこで争ったような痕跡を作り、死体を転がしたのでした。

現場

荒城達真は上司の指示により、風間の下で働くことになりました。

そこで担当したのが、諸田が殺害された事件でした。

現場の状況から、諸田はブロンズ像の持つ本の角に頭をぶつけて死んだように見えます。

しかし、それでは説明がつかないこともあり、風間は現場をよく見るよう荒城に指示します。

その後、警察は美幸を容疑者として調べますが、彼女にはゴルフ場にいたというアリバイがあり、美幸にはバレない自信がありました。

結末

荒城は胃痛持ちで、病院で診察を受けると、痛みを感じる場所と痛む場所が違うこともあることを教わります。

そして、それを事件にあてはめ、荒城は気が付きます。

殺害した場所と、死体があった場所は別なのではないかと。

風間は美幸のアリバイが崩せなければ、交番に逆戻りだと告げ、荒城は美幸を問い詰める一回のチャンスにかけます。

荒城の考えはこうです。

一度、ブロンズ像の持つ本を糸鋸で外し、凶器として使った後、溶接して元に戻したのです。

美幸は建設業に従事しているため可能です。

もちろんこれだけで美幸は自白するはずがありませんが、荒城には切り札がありました。

それは美幸の車のトランクに残された跡です。

実は諸田は一度蘇生して、トランクの扉に頭をぶつけていたのです。

美幸はそのことを知らず、跡を消し忘れていたのでした。

美幸は残される研人のことを思い、涙を流すのでした。

スポンサーリンク



第四話 第四の終章

事件

ある日、佐久田肇は隣人、筧麻由佳の同居人・元木伊知郎にちょっかいをかけられます。

それを止めてくれたのが麻由佳でした。

麻由佳と元木は同じ劇団に所属し、佐久田は麻由佳に好意を寄せていました。

その数日後、麻由佳が佐久田の部屋に来て、元木が死ぬと言い出したことを知り、慌てて隣の部屋に行きます。

すると元木が首を吊るところを目撃。

現場を麻由佳が預かり、佐久田は警察などを呼びに行くのでした。

自殺?

早坂すみれは上司の命令で、風間の下で働くことになりました。

すみれと風間は元木が亡くなった事件を担当。

聞き込みの途中、麻由佳がお手洗いの行こうとしますが、その前に風間は麻由子の出た公演に感銘を受けたと握手します。

すみれは直感で、これは自殺でないと判断しますが、それを証明するには証拠が足りません。

結末

すみれたちは、麻由佳と同じ劇団に所属する椿あさみを当たります。

あさみは半年前、階段から転落し、大けがをおっていました。

その結果、麻由佳が主演の座を勝ち取り、あさみは誰かに突き落とされたと証言します。

その後、すみれたちは事件を再現し、佐久田に見せます。

本当であればハーネスの支えによって死なないはずだったと説明。

あれは演劇の練習の一種でしたが、麻由佳が裏切り、殺害に利用したのではとすみれは考えています。

その後、すみれは麻由佳を追い詰めます。

あさみへの犯行に加担した元木に脅されたため、彼を殺害したのだと。

麻由佳はそれを否定しますが、証拠はあります。

麻由佳は首を吊った元木を支えていたため、ロープには触れていないと証言していました。

しかし、実際は首が締まったことで元木の体が伸びてしまい、咄嗟にロープを掴んでしまったのです。

麻由佳はそのことに気が付き、トイレに行こうとしましたが、先に気が付いた風間はその前に彼女と握手しています。

ロカールの法則というものがあり、物体同士が接触すると、両者にその痕跡が残ります。

つまり、麻由佳の手についたロープの繊維が、握手によって風間の手に移っていたのです。

麻由佳は観念します。

彼女は役者という性質上、生きることに貪欲で、逮捕された犯罪者という人生すらも喜んで体験したのでした。

第五話 指輪のレクイエム

事件

仁谷継秀はデザイナーとして自宅で働いていますが、認知症の妻・清香のせいで仕事が進まないことが多々あり、彼女の存在を疎ましく思っていました。

また、仕事の関係から男女の仲に発展した田瀬葵もいるため、清香の存在は余計に邪魔に感じています。

清香の認知症はまだまだらですが、婚約指輪をなくしたことを定期的に悲しんだり、毎週水曜の午後七時になると鰆のホイル焼きを作り出すなど、いくつか症状に特徴があります。

ある水曜日、仁谷は清香がフライパンに火をつけるのを確認してから、外食すると言って外に出ます。

自宅が見えるレストランで葵と待ち合わせ。

一度、冷蔵庫の整理を電話で清香にお願いし、フライパンから注意を逸らせます。

二時間してから帰ると、仁谷の狙い通り、清香はガスを吸って亡くなっていました。

また、電話に録音されているはずの自分の声を消そうとしますが、記録されていませんでした。

中毒死

大里翔子は上司の命令によって、風間の下で働くことになりました。

二人は清香の死亡した事件を担当します。

死因はフッ化ガスによる中毒死でした。

出所はフッ素樹脂で加工されたフライパンで、それが魚が炭化されるまで加熱されたためです。

また、電話機の受話器ではなく、ボタンから塩の結晶が見つかり、清香が触れたものと思われます。

結末

翔子たちは仁谷が犯人であると疑います。

しかし、確定させるためには証拠が必要で、見つけられなければ翔子は交番に逆戻りです。

そんな中、風間は清香の習慣に注目させます。

なぜ、水曜日の午後七時になるといつも鰆のホイル焼きを作るのか。

そこからある事実が浮かび上がり、翔子は仁谷を問い詰めます。

清香の習慣の理由。

それは、指輪をなくした時の状況を再現し、置いた場所を思い出すためでした。

結局、指輪は米櫃から見つかりました。

以前、仁谷がお米の味に文句をつけたため、防臭効果を期待して清香が入れていたのです。

清香にとって仁谷からもらった婚約指輪はかけがえのないものですが、仁谷はその習慣を殺人に利用したのです。

そして、電話機のボタンだけに塩の結晶がついていた理由。

それは、仁谷の残した録音を消し、仁谷が罪に問われないようにするためです。

全ては、これ以上迷惑をかけたくないという清香の愛情でした。

仁谷はその気持ちにはじめて気が付き、泣き崩れるのでした。

スポンサーリンク



第六話 毒のある骸

事件

椎垣久仁臣は、助教である宇部祥宏と一緒に服毒自殺した遺体の解剖をします。

その途中、宇部が倒れてしまい、椎垣は胃に溜まっていた青酸ガスを吸ってしまったためだと気が付きます。

マスクを忘れていたのは椎垣のミスです。

それから一週間、宇部は大学を休んでいて、彼の家に椎垣は行きます。

椎垣は謝罪しますが、宇部はこのことを公表するつもりでした。

椎垣は観念したように見せ、持ってきたお酒で杯を交わします。

しかし、中には青酸が入っていて、宇部は苦しみ出します。

這うように外に出ますが、数十メートル行ったところで死亡するのでした。

テンゴク

平優羽子は上司の命令で、風間の下で働くことになりました。

二人は宇部が亡くなった事件を担当します。

宇部の家には『先にテンゴクへ行ってます』という遺書らしき紙が残されていました。

テンゴクが片仮名であることに違和感を覚えますが、理由はまだ分かりません。

また、なぜ宇部は死ぬ寸前、坂を上ったのか。

どこに向いたかったのか。

謎は多く残されていました。

結末

宇部の解剖を椎垣が担当します。

宇部の遺体には二度に渡って青酸毒にあたった痕跡がありますが、椎垣は当然、そのことをもみ消します。

椎垣は自殺であると判断しますが、風間はまだ他殺の線を疑っていました。

そして気が付きます。

解剖室は1059室で、10、5、9で『テン・ゴ・ク』と読むことが出来ることに。

また、優羽子も気が付きます。

宇部が苦しみながら坂を上った理由。

それは、自分の遺体を隣県に運ぶことで、椎垣に解剖させることを防ぐためでした。

結果、その前に死んでしまったため、椎垣が解剖を担当しましたが、証拠ならあります。

宇部の遺体は風間の指示により、まだ燃やされずに残されていたのでした。

決意

事件解決後、優羽子は風間を誘って飲みに行きます。

それは今回の件で刑事としての自分の無力さを知り、転属願を出すためでした。

しかし、風間はそんな優羽子の胸中を見抜き、これから進むべき道を示します。

店から出ると、二人を見ている視線に気が付きます。

優羽子は元恋人でストーカーとなった井伏だと思い、これ以上つきまとうなと言ってやるつもりでした。

しかし、相手は井伏ではなく、風間によって逮捕され、出所した十崎という男でした。

襲い掛かる十崎に何もできずにいると、優羽子は風間に庇われて事なきを得ますが、代わりに風間は千枚通しで右目をやられてしまいます。

十崎は逃亡し、優羽子は追いかけようとしますが、風間は証拠物件の保存を優先させます。

風間の右目には千枚通しの柄が刺さっているため、それが証拠になります。

そして、優羽子は咄嗟に十崎のベルトを触って指紋を残していたため、動かぬ証拠となります。

風間は、いつかこうなることを覚悟していたとして、優羽子に辞めたければ遠慮はいらないといいます。

しかし、優羽子は決めていました。

必ず十崎を逮捕すること。

そして、その後も風間のように、もっともっと悪いやつを捕まえることを。

最後に

いかがでしたでしょうか。

教場を卒業したとはいえ、新米の刑事も風間にとっては学生とそう変わらないのだなと思い、ちょっと生暖かい視線で読んでしまいました。

しかし、新米刑事はもう学生ではありません。

自分なりに考え、しっかりと風間の教えで成果を出して見せました。

もう、感動です。

あと、十崎によって風間は右目を負傷していますが、これ原因で義眼になり、教場に異動になったのではないかと考えました。

優秀な刑事を失ってしまいましたが、優羽子という意思を受け継ぐ刑事が現れてくれたことは救いでした。

彼女の今後の活躍も描いてくれると、僕としては非常に嬉しいです。

『0』から続く第一弾はこちら。

『教場』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 君には、警察学校を辞めてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。前代未聞の警察小説! 【「B...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です