SF

『イリヤの空、UFOの夏 その1』あらすじとネタバレ感想!少年と少女が出会うシリーズ第一弾

harutoautumn

「6月24日は全世界的にUFOの日」新聞部部長・水前寺邦博の発言から浅羽直之の「UFOの夏」は始まった。当然のように夏休みはUFOが出るという裏山での張り込みに消費され、その最後の夜、浅羽はせめてもの想い出に学校のプールに忍び込んだ。驚いたことにプールには先客がいて、手首に金属の球体を埋め込んだその少女は「伊里野可奈」と名乗った…。おかしくて切なくて、どこか懐かしい…。ちょっと“変”な現代を舞台に、鬼才・秋山瑞人が描くボーイ・ミーツ・ガールストーリー、登場。

「BOOK」データベースより

シリーズ第一弾となる本書。

調べると、主人公とヒロインの関係が世界の大きな問題に直結する『セカイ系』の先駆けと本書は位置付けられていることが分かりました。

僕の世代的には『涼宮ハルヒの憂鬱』が本書の影響を色濃く受けている印象があり、本書は面白いと同時に興味深いものでした。

ライトノベル特有の余計、あるいはくどい描写が少なめで、読みやすいことも好感が持てました。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

出会い

浅羽直之は中学二年の夏休み最終日、夜になると学校に忍び込みます。

目的は誰もいないプールを満喫することでした。

しかし、そこには先客がいました。

浅羽の知らない女の子で、学校指定のスクール水着を着ています。

少女は浅羽に驚いてプールの中に落ちて、危うく溺れるところでした。

浅羽は何とか少女を助けますが、少女は鼻血を出していました。

タオルか何かで拭こうとプールサイドにあった少女のバッグの中を探りますが、そこには大量の錠剤に拳銃。

浅羽はこの時点で拳銃には気が付いてませんが、読者にはただのボーイ・ミーツ・ガールでないことがすぐに分かります。

少女は伊里野と名乗り、浅羽は彼女に泳ぎを教えることになりますが、そんな青春の時間もすぐに終わります。

パトカーのサイレンが鳴り響き、伊里野の兄を名乗る榎本が現れ、浅羽はここから立ち去るよういわれます。

浅羽は何も言えずその場を立ち去り、この夜のことは夢かと思うのでした。

転校生

翌日、浅羽のクラスに転校生が現れます。

あの伊里野でした。

フルネームで伊里野加奈だといいます。

伊里野は端正な顔などから周囲の注意をかっさらいますが、誰も寄せ付けることなく、人間味のない表情、態度にやがて誰も近づかなくなります。

それから度々伊里野を呼ぶ校内放送が流れ、その度に伊里野は早退します。

彼女は一体何者なのか。

浅羽は伊里野のことが気になって仕方ありませんでした。

部活動

浅羽は園原電波新聞部に所属しています。

部員は部長の水前寺、それからクラスメイトである須藤晶穂だけで、部活動とは認められていません。

水前寺は変わり者で有名で、季節が移ろうごとにあらゆるものに興味を持ち、特にUFOなど不思議なものに強い興味を示していました。

中学のある地域には園原基地があり、伊里野の兄(榎本)が航空自衛軍に所属していることから、伊里野は園原基地の居住区に所属していました。

浅羽がそのことを水前寺に伝えると、水前寺は伊里野を新聞部に勧誘することを決めます。

園原基地は水前寺の興味の対象の一つであり、伊里野の伝手で中に入れるのではないかと考えたからです。

こうして浅羽と伊里野が再び繋がり、普通の中学校生活が終わりを告げます。

感想

これぞボーイ・ミーツ・ガール

本書を一言で表すのならば、この一言に尽きます。

まさに青春の一ページにふさわしい作品です。

しかし、読者の皆さんは前半部分だけで、本書が単なるボーイ・ミーツ・ガールでないことに気が付いたと思います。

得体の知れない少女。

宇宙人とは違う、もっと現実的で直接的な危険の匂いがぷんぷんします。

序盤の掴みからして、素晴らしい作品であるという予感がしました。

見え隠れするシリアスな雰囲気

中学三年生という多感な時期。

変人だけれどあらゆることを何とかしてしまう水前寺。

浅羽のことを想う晶穂。

そこに謎の転校生である伊里野。

これだけの要素が集まれば、それはもう楽しい青春が期待できます。

前述した通り、本書より後発の作品で『涼宮ハルヒの憂鬱』で僕はそれを体験してきたので、内心、そんな青春物語を期待していました。

しかし、読み始めてすぐにシリアスな雰囲気を感じ、早々に諦めました。

これは一味どころか、僕の期待あるいは予想するような物語ではないと。

事実、そうなりましたが、それが僕の予想を遥かに超える衝撃となり、結果として読んで良かったと思えました。

おわりに

ようやく今さらになって手を出した不朽の名作ですが、想像以上に面白くて、もっと多感な時期に読んでいたら本書で描かれる情景がいつまでも頭から離れなくなっていたと思います。

それくらい衝撃的で、素晴らしい作品でした。

次の話はこちら。

あわせて読みたい
『イリヤの空、UFOの夏 その2』あらすじとネタバレ感想!
『イリヤの空、UFOの夏 その2』あらすじとネタバレ感想!

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

関連記事はこちら。

あわせて読みたい
厳選おすすめライトノベル!歴代発行部数から見たランキングベスト55!
厳選おすすめライトノベル!歴代発行部数から見たランキングベスト55!
あわせて読みたい
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました