サスペンス

『だから殺せなかった』あらすじとネタバレ感想!新聞紙面で繰り広げられる殺人犯vs記者

「おれは首都圏連続殺人事件の真犯人だ」大手新聞社の社会部記者に宛てて届いた一通の手紙。そこには、首都圏全域を震撼させる無差別連続殺人に関して、犯人しか知り得ないであろう犯行の様子が詳述されていた。送り主は「ワクチン」と名乗ったうえで、記者に対して紙上での公開討論を要求する。「おれの殺人を言葉で止めてみろ」。連続殺人犯と記者の対話は、始まるや否や苛烈な報道の波に呑み込まれていく。果たして、絶対の自信を持つ犯人の目的は―劇場型犯罪と報道の行方を圧倒的なディテールで描出した、第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。

「BOOK」データベースより

著者と同名の新聞記者が主人公となり、無差別連続殺人事件の犯人と紙面での会話を通じて真実に近づくという本書。

第27回鮎川哲也賞優秀賞を受賞しただけでなく、玉木宏さん主演でドラマ化され、2022年1月9日(日)より全五話で放送されます。

WOWOW公式サイトはこちら

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

連続殺人事件

首都圏において三つの殺人事件が発生し、同一人物による犯行であることが明らかになります。

それでも被害者の共通点が曖昧で捜査が難航する中、太陽新聞の記者である一本木透宛てにワクチンを名乗る人物から私信が届きます。

ワクチンは連続殺人事件の犯人が自分である証拠を提示し、自分の犯行によって世にはびこるウイルスを排除していることを打ち明けます。

その上で自分の行為を正しく世間に知らせる場として太陽新聞を指定し、相手として一本木を指定します。

一本木は他のメディアが知らない情報を提供するかわりに、自分の声明文を太陽新聞の一面に載せさせ、さらに一本木の書いた反論文も載せるよういいます。

一本木の文章によって犯行を止められるかもしれない。

その一方で太陽新聞はワクチンの声明文を独占することによる利益に目がくらみ、本来のジャーナリズムから外れた行動にも出ます。

江原陽一郎は両親の愛を受けて育ちますが、大学生になって自分と両親に血の繋がりがないことを知ります。

しかし、それで家族の絆が裂かれることはなく、関係は変わりません。

母親が癌でなくなった後は、陽一郎は父親をより大事にするようになりました。

そんな中、ワクチンから手紙が届き、父親がワクチンのターゲットの一人に選ばれてしまったことを知ります。

警察に相談しても取り合ってもらえず、陽一郎が選んだ相談相手が一本木でした。

スポンサーリンク




感想

記者としての使命

新聞といえば紙媒体から徐々にデジタルに移行し、デジタルでは無料で見られるニュースサイトが乱立しているなど、斜陽業界としてよく挙げられています。

本書では世間が知るべき真実を書くという新聞などのジャーナリストの本分に加えて、収益を意識した営利団体としての一面も描かれています。

伝えなければならない内容ではなく、読書が喜ぶ内容を書く。

自分も会社という組織に属しているので、このあたりの難しさはよく分かります。

一方で、連続殺人事件の犯人を名乗る人物が一本木を指名し、彼と紙面でやりとりをするという面白い形式で物語が進行します。

ジャーナリストとして議論するのか。

少しでも先延ばしにして、利益を最大限に享受するのか。

綺麗ごとだけでは済まないのが社会であり、そのあたりが非常に上手く描かれていると思います。

熱量が足りない

正直、僕は本書にのめりこめず、終始冷めた目で物語を追っていました。

その最大の理由として、この物語には熱量が足りていないことが挙げられます。

ジャーナリズムのあり方が試され、それによって犯行を止められるかもしれないと、本来であれば題材として申し分ありません。

しかし、本書で描かれる物語はこうすれば盛り上がるというエンタメ性ばかりが強調され、作中に人物が生きているという感触がしませんでした。

紙面での犯人と一本木のやりとりにしても、どこか自分の知っている知識、感情を無差別にぶちまけ、悦に入っているような嫌らしさが感じられました。

物語の真実についても非常にあっさりとしていて、物語を読み進めてやっとたどり着いたという達成感がありません。

同じ結末にしても、もう少し構成、表現の方法があったのではと思ってしまいます。

おわりに

ここまで書くつもりはありませんでしたが、正直な思いを書くことも大事だと思い、ありのままを書きました。

ドラマ映えする内容であることは間違いないので、原作とは違ったものとして楽しみたいと思います。

オススメ文庫小説を紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。