ミステリー

『沈黙のパレード』あらすじとネタバレ感想!容疑者の沈黙に隠された真実を暴くガリレオシリーズ第9弾

2022年公開 映画化決定!――福山雅治主演 湯川・内海・草薙がスクリーンに帰ってくる

2018年「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第1位

待望の文庫化!
シリーズ累計1400万部突破!

静岡のゴミ屋敷の焼け跡から、3年前に東京で失踪した若い女性の遺体が見つかった。逮捕されたのは、23年前の少女殺害事件で草薙が逮捕し、無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。町のパレード当日、その男が殺された――

容疑者は女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!

ガリレオvs.善良な市民たち

“容疑者X”はひとりじゃない。

Amazon商品ページより

ガリレオシリーズ第九弾となる本書。

単行本で買わなかったことを後悔するくらいめちゃめちゃ面白かったです。

渡米していた湯川が帰国し、再び事件に関わることになるのですが、今回は沈黙がカギになっています。

容疑者は特定できているのに自供を得られない中で、どうしたら真実を掴みとることが出来るのか。

すでに映画化も決定されていて、東野圭吾さんファンもガリレオシリーズファンも納得の一冊です。

福山雅治主演「ガリレオ」映画第3弾「沈黙のパレード」2022年公開! 柴咲コウ&北村一輝も続投

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

二つの事件の共通点

静岡県にあるゴミ屋敷で火災が起き、中から白骨化した遺体が二体も発見されます。

一体はこの家に住んでいた女性のものでしたが、もう一体は三年前から行方不明になっていた並木佐織であることが判明します。

佐織は東京に住んでいて、静岡県とは無縁でした。

容疑者として火災にあった家に住んでいた女性の息子が挙げられ、草薙のいる班が担当になります。

容疑者の名前は蓮沼寛一といい、草薙は驚きます。

蓮沼は二十三年前に起こった本橋優奈殺人事件の容疑者でしたが、有力な証拠を集めても決定打にはならず、蓮沼が黙秘を貫いたことで無罪となっていました。

草薙にとって今も忘れられない悔しい事件であり、リベンジでもあります。

一方で蓮沼の口を割らせることは難しく、最初の段階で捜査が難航することは容易に予想できました。

帰国

渡米していた湯川は昨年帰国していて、現在は東京の菊野市にある研究所で働いていました。

偶然にも佐織が住んでいた家も菊野市にあり、草薙は湯川と再会を果たします。

草薙や内海の懸命な捜査によって新たな証拠が得られ、自供を得ずとも蓮沼を起訴に持ち込めると逮捕に踏み切りますが、予想外のことが起きます。

検察はこれだけの状況証拠が集まっても蓮沼相手では分が悪いと考え、処分保留で釈放したのでした。

容疑者の死亡

蓮沼は釈放後、並木家が切り盛りする飲食店に顔を出すと、犯人扱いされたことに対する賠償金を求めます。

その場で追い返されますが、蓮沼がこれだけで引き下がらないのは明らかでした。

蓮沼の登場によって不穏な空気が流れる中、菊野市では全国的に有名なパレードが開催されます。

例年のように盛り上がる中、事件が起きました。

蓮沼が居候先で亡くなっているのが発見されたのです。

タイミング的に佐織の事件で彼に恨みを持つ犯行だと考えられますが、該当する人物にはみなアリバイがあり、殺害方法も分かりません。

八方ふさがりの中、ガリレオこと湯川の助言によって捜査は大きく動き出します。

スポンサーリンク




感想

エンタメとミステリの見事な調和

ガリレオシリーズといえば湯川や草薙、内海をはじめお馴染みの登場人物が多く、ドラマ・映画化されていることもあって演じた俳優さんが思い浮かぶ人も多いと思います。

それぞれ違ったキャラクター性があり、湯川の推理が事件解決を導くという王道の流れがあるなど、この時点でエンタメ性は文句なしです。

もちろんそれだけではありません。

本書では二つの事件が注目されますが、どちらも容疑者が黙秘を徹底的に貫くことで決定的な証拠は得られず、犯人の特定が難航します。

そこで必要なのが視点の切り替えですが、ガリレオシリーズというか東野さんの作品では見方を変えることで事件の様相ががらりと変わるものが多く、その鮮やかさはミステリとしても完成されています。

この二つが合わさることで他のミステリにない満足度を生み出していて、改めて東野圭吾という作家の偉大さを痛感しました。

驚きの連続

本書では何度も真実に到達したと思わされるシーンが登場しますが、その度に仮説のどこかが覆り、それまで予想していなかった真実が顔を出します。

気を抜くと真実を見誤ることになるので、ぜひ最後まで集中して読んでください。

五〇〇ページ近いボリュームですが、この驚きの連続によって全くその長さを感じず、一気読みできてしまいました。

おわりに

映画化も納得の名作で、惰性で続いているシリーズでないことを証明してくれました。

今回の一件で反省し、次からは単行本を購入して読もうとかと思います。

次の話はこちら。

東野圭吾さんのランキングを作りました。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。