ミステリー

貴志祐介『青の炎』あらすじとネタバレ感想!切なすぎる犯罪者の企てる完全犯罪とは

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

「BOOK」データベースより

貴志祐介さんの代表作といっても差し支えないミステリで、二宮和也さん主演の映画として記憶している人も多いかと思います。

平和な家庭を脅かす理不尽な存在。

家族を守るために主人公である少年が考えたのが、完全犯罪でした。

もちろん完全犯罪など狙っても出来る確率などたかが知れていますが、それでも自分の手を染めるしかない少年の悲痛な思いと、計画実行の先に待っていた切なすぎる現実。

心を抉られるシーンがいくつも登場し、これほど心に残りミステリはそうありません。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

倒叙ミステリとは

本書は巻末の解説などで『倒叙推理小説(倒叙ミステリ)』と呼ばれていますが、それが何かピンとこない人もいると思うので、内容に入る前に解説します。

通常、ミステリでは事件などが発生して探偵役が捜査→事件の真相が明かされるという順番で物語が進行します。

ところが倒叙ミステリだとこの順番が逆になり、はじめに犯人が完全犯罪を企て、行動に移します。

つまり、読者にとって犯人は一目瞭然であり、殺害方法など全て明らかにされます。

その後、探偵や警察などが捜査に乗り出し、事件を明らかにしていきます。

読者は犯人側の視点にいるので、いつ真相が暴かれるのではないかと不安になり、殺人を犯したことによる苦しみを味わうこととなります。

倒叙ミステリで得られる快感は通常のミステリとは全く異なりますので、その違いも感じながら楽しんでもらえたらと思います。

スポンサーリンク




あらすじ

平和を脅かす悪

櫛森秀一は母の友子、妹の遥香との三人暮らしで、友人にも恵まれて楽しい高校生活を送っていました。

ところが、そんな秀一の平和を脅かす存在がいました。

その人物は曾根隆司といい、友子の元夫でした。

曾根は友子の再婚相手で、暴力をふるうことなどから友子に離婚を言い渡されますが、その際に激しく抵抗してみて、弁護士ですら手を焼く存在でした。

なんとか離婚できたものの、遥香は曾根の連れ子で彼の戸籍に入ったままなので、友子にとっては人質にとられているのと同義です。

曾根はそれを理解した上で櫛森家にやって来ると勝手に居座り、友子に金銭をたかっていました。

抵抗しようにも万が一、遥香の親権が曾根にとられてしまう危険性もゼロではありません。

秀一は弁護士の加納などの話を聞きながら、櫛森家の置かれている状況に気が付き、絶望するのでした。

強制終了

誰も曾根から家族を守ってくれない。

なぜ自分たちがこんな目に遭わなければならないのか。

そんな理不尽な思いを抱える中で、決定的なことがきっかけとなって秀一は曾根の人生を強制終了させることに決めました。

脳裏で輝くのは青い炎で、冷たい色とは裏腹に赤い炎以上の高温を放つ怒りでした。

それから秀一は家族や友人の心配をよそに一人で完全犯罪の計画を企てます。

地獄の先の地獄

秀一は何度も葛藤しながらついに計画を実行に移します。

その結果、曾根は亡くなり、傍からみれば病死にしか見えません。

決定的な証拠がなければ秀一は逮捕されることなく、家族に平和が訪れるはずでした。

ところが、この世に完璧に隠せる犯罪などありません。

思いもよらぬ形で殺人を匂わせる証拠が残り、かつ秀一は曾根を殺害したという罪悪感に押しつぶされそうでした。

いつになれば楽になれるのか。

祈るような気持ちで警察の捜査を見守りますが、秀一を脅かすのは警察だけではありませんでした。

スポンサーリンク




感想

切なすぎる犯罪

ミステリにおいて好き好んで殺人を犯すのは稀なケースで、そこには何らかの動機があります。

もちろん動機があったとしても殺人が許される行為でないことは明らかですが、それでも本書の主人公・秀一の悲痛な決意には胸を締め付けられました。

十七歳で学業優秀で、家族のことを大事に、友人のことを大切にできる。

そんな彼が、家族を守る最終手段として望まない殺人に及ぶ。

こんな決意をさせてしまう状況に理不尽を感じましたし、読者以外に秀一の胸の内にある悲痛の叫びに気が付いてあげられないことが苦しくありました。

しかも、幸せをぶち壊す曾根がいなくなっても秀一の心に平穏が訪れないことがまた切なく、犯罪では幸せになれないことが嫌でも理解できました。

どれだけ用意周到に準備しても、犯罪の専門家でない秀一の計画に穴があって当然ですが、どうかバレませんようにと願わずにはいられませんでした。

完全犯罪の難しさ

実際の犯罪では露見すらしていないため完全犯罪となっているケースも一定数あると思います。

しかし、殺人となると人が一人いなくなるわけで、よっぽど世間と交流を断っている人でもない限り、何らかの形で足がついてしまうのが普通です。

ましてや本書の計画において、恨みを買う人物が加害者の家で亡くなっているのですから、殺人が露見せずに済ませることがどれだけ難しいのかは容易に想像がつくと思います。

秀一があれだけ補強した計画でもすぐに穴が見つかってしまうのですから、やっぱり完全犯罪は難しい。

しかも、あとがきの貴志さんのお話では、秀一の考えた方法ではまず人を殺せないそうです。

本書の内容には関係ありませんが、ミステリの魅力の中核ともいえるトリックを生み出す作家さんはなんて偉大なんだろうと、感謝の念がわいてきました。

おわりに

二十年以上経っても伝わる魅力があり、ここまで心を揺さぶるミステリはそうありません。

決して古臭さを感じるような作品ではないので、若い世代の人にも読んでほしい一冊です。

貴志祐介さんのランキングを作りました。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。