アガサ・クリスティー

『ナイルに死す』あらすじとネタバレ感想!新婚旅行につきまとう元婚約者が引き起こす悲劇とは?

美貌の資産家リネットと新婚の夫のエジプト旅行には暗雲が垂れ込めていた。夫の元婚約者が銃を手につけ回してくるのだ。不穏な空気のなか、ナイル川をさかのぼる豪華客船上でついに悲劇が起きる。しかし、死体となって発見されたのは意外な人物だった…ポアロが暴く衝撃の真相とは?著者の代表作が新訳で登場。

「BOOK」データベースより

アガサ・クリスティの著作である『エルキュール・ポアロ』シリーズの中でも特に有名な本書。

ケネス・ブラナー監督・主演の『オリエント急行殺人事件』に続くシリーズ第二弾として映画化も決まっています。2022年2月11日公開予定です。

映画の公式サイトはこちら

クリスティ自身が本書を自分の『外国旅行もの』の中で最良の作品の一つだと位置づけるくらいの自信作で、その評価を裏切らない素晴らしい作品でした。

現実から逃避するという意味でミステリと旅行ものの相性は抜群です。

旅先だからこそ味わえる雄大な自然や華やかなもてなし。そこで起きる殺人という非日常の出来事。

殺人の裏には非常に人間味のある動機が隠されていて、本書は分かりやすくかつ面白いミステリとして読み手を選ばず愛される作品だと思います。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

本書は二部に分かれ、一部で登場人物の紹介が描かれ、二部より事件の舞台となるエジプトでの出来事が描かれます。

全てを持つ女性

リネット・リッジウェイは祖父の莫大な遺産を相続しただけでなく、美貌と知性を兼ね備えた、いわば全てを持つ女性です。

さらに婚約の話も持ち上がり、叶わない願いなどないように思えました。

そんな彼女の人生が変わったのは、親友・ジャクリーヌの婚約者・サイモンと出会ったことがきっかけでした。

サイモンを一目見てリネットは恋に落ち、二人はやがてそれぞれの婚約者を捨てて結婚してしまいます。

リネットは欲しいものを手に入れ、幸せの絶頂を迎えたはずでした。

ところが、二人の結婚に納得のいかない人物がいました。

不穏な新婚旅行

リネットとサイモンは新婚旅行でエジプトを訪れますが、いつも行く先々にジャクリーヌがいました。

ジャクリーヌは偶然を装っていますが、二人の後をつけているのは明白。

しかし、対応自体は礼儀正しいので、事件として取り扱うこともできません。

その旅行には名探偵のエルキュール・ポアロがたまたま居合わせていたため、リネットはポアロにこの件を相談しますが、依頼は受け付けられませんでした。

その一方で、ポアロはジャクリーヌの異常なほどの復讐心に気が付きやめるよう説得しますが、聞き入れられませんでした。

事故?

旅行中、リネットが崖から落ちた岩の下敷きになりそうになる出来事がありました。

リネットたちはジャクリーヌを疑いますが、彼女はその時船に乗っていて、岩を落とせるはずがありません。

本当に事故だったのかもしれない。

そんな時、ポアロは船で見知った人物に声を掛けられます。

相手は、『ひらいたトランプ』で知り合ったレイス大佐でした。

レイス大佐は入手した手紙に書かれた暗号から、この船に冷酷な殺人犯Xが乗っていることを知り、捜していたのでした。

ポアロの解くべき謎が増え、船は帰り路に着きます。

連続殺人

何事もなく終わってほしい。

ポアロの願いも虚しく、事件が起きます。

酒に酔ったジャクリーヌはサイモンと口論になり、誤って彼の足をピストルで撃ってしまったのです。

サイモンは治療を受け、ショックを受けているジャクリーヌには付き添いの人が一晩中つきました。

後はピストルを回収するだけでしたが、そのピストルは見当たらず、翌朝、リネットが頭を撃ち抜かれて亡くなっているのが発見されます。

壁には血で『J』の文字。

これが犯人のイニシャルを示すものであれば、犯人はジャクリーヌということになりますが、肝心のジャクリーヌにはアリバイがありました。

では、誰がジャクリーヌに罪を被せようとしたのか。

ポアロとレイス大佐は捜査を始めますが、その後も第二、第三の殺人が続きます。

船という密室の中で連続殺人が行われる中で、ポアロは少しずつ事件の断片を拾い集め、やがて真実に辿り着きます。

スポンサーリンク




感想

旅行のロマンに溢れている

事件の魅力に入る前に、本書はそもそも旅行ものとしての魅力を持っていることをお伝えします。

エジプト観光で描かれる名所などはもちろんのこと、船での優雅なひと時、旅先での見知らぬ人との交流。

特に旅行ということで様々な国の人が集まっているので、国柄が反映されたこれまでにあまり登場しなかったタイプの人物が多く登場し、主役から脇役にいたるまで飽きることはありません。

事件が起きるまでが長い

本書の評価が分かれるとしたら、それは事件が起きるまで他のクリスティ作品よりもページが余計にかかることだと思います。

事件の匂いがしてくるのは新訳版でいうp.200以降で、それまでは登場人物の紹介だったり、彼らの旅行の様子を描いたりとミステリ要素はそこまでありません。

もちろん上述した旅行の魅力があるのは確かですが、早く事件が起きてワクワクしたいという人にとっては取っ付きにくいかもしれません。

そういう意味でいえば、ミステリ初心者の人にいきなり勧める作品ではありません。

こういう、いかにも事件が起きそうな雰囲気も含めて楽しめる。

そういうミステリに慣れ親しんだ人にとって、本書は最高のミステリ作品の一つといえます。

終盤の畳み掛けるような勢い

中盤近くまで多少の取っ付きにくさを持つ本書ですが、それ以降はもう一秒たりとも目が離せません。

船という一種の密室で事件が起きるも、有力な容疑者にはアリバイがある。

このアリバイをどう崩すかが鍵になり、犯行の裏にはとても人間的な動機も隠されています。

ポアロの推理は相変わらず鮮やかで、序盤のじれったさが嘘のようにのめり込むこと間違いありません。

最初の取っ付きにくさに付き合うだけの価値が本書にはありますので、ぜひ気長に付き合ってもらえればと思います。

おわりに

本書が初めて発表されたのは1937年ですが、今読んでも古臭さを微塵も感じさせない作品でした。

描かれた物語には時代の持つ特有の匂いが感じられ、まるで読んでいる自分もまた旅行に出かけたようなリアリティと高揚感を堪能することが出来ました。

クリスティのミステリはロマンが詰まっていて大好きですが、本書はその中でも分かりやすく読みやすいので、ミステリ好きであれば必読です。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。