『宝石の国 12巻』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!

harutoautumn

宝石たちは、フォスに誘われ月に向かった者たちと、地上に残り、金剛先生と新たな関係を築こうとする者たちにわかれていた。フォスは月人の軍勢と月の宝石たち数名を連れて地上に降り立ち、地上の宝石たちを粉々にしていき、学校内部へと進む。内部で待っていたのは、ユークレースとジェード、そしてーー。

Amazon商品ページより

前の話はこちら。

あわせて読みたい
『宝石の国 11巻』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!
『宝石の国 11巻』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!

地上の宝石たちを攻め入ったフォス。

金剛に会って祈らせることはできるのか。その先に何が待ち受けているのか。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

第八十九話『エンマ』

地上に行くというエクメアに対してカンゴームは説明を求めますが、戻ってくるまで説明はないようです。

エクメアの考えはバルバタも含めて誰も知りません。

しかし知っていることもあり、バルバタは流氷のこと、金剛の兄弟機について説明を始めます。

まだ地上に人間がいた頃、金剛には兄機がいました。

兄機は地上の主権を人間に取って代わるために隕石平井の予測を意図的に外して地上に大きな被害を与え、破棄されました。

それを受けて後継機の金剛は厳しい制約を受けることになりました。

人間は兄機からきた機械不信からくる混乱から立ち直れず、立て続けの隕石によって滅亡しました。

しかし、兄機は薄弱な意思となって海を漂い続け、今は流氷の姿で冬の海に現れます。

月人の軍に姿を似せて復活の協力を求めているようですが、取引ではなく媚を売っているだけだろうとバルバタは関わらない方が良いと忠告します。

昔話はまだ続きます。

六度目の隕石によって大量の人間が死んだせいで多くの魂は祈りを得られず、月に溜まってそれがやがて月人になりました。

その最初期、月人は六つの月を覆うほど存在していました。

全員が不老不死を十分に楽しんでから安寧の世界に行きたがり、月人は金剛の存在を思い出します。

金剛は不具合で完全でないものの、一日に若干名の月人を分解し、多くの月人が長い順番を強いられます。

その順番を決めるために格差が導入されました。

元々格差などなかったので月人を構成する犯罪者の魂の含有率などを算出して順位をつけますが、バルバタやセミ、アベなど今いる月人は最下層に振り分けられて、この巨大クレーターに投げ入れられました。

この一帯はクメラ地方(くずかご)と呼ばれるようになります。

クメラ地方では永遠に再生する体をお互いに裂き合うだけの日々で、地方長が視察に訪れた時、あまりの光景に逃げ出すほどでした。

しかし、エマ室長だけが見捨てることはせず、それがエクメアでした。

エマの肩書はエマ・クメア地方長となり、そこから『エクメア』と呼ばれるようになったのです。

エクメアは街を整え、最下層の月人たちは順番を待っていましたが、金剛はついに壊れてクメラの住民は取り残されてしまうのでした。

これは宝石が産まれ始めた頃の話です。

バルバタの話を聞いて、エクメアが一点だけ訂正します。

自分の名前の正確な発音はエマではなく『エンマ』だと。

その容姿は閻魔大王のように禍々しいものに変化し、霧のように消えて地球に向かうのでした。

第九十話『破砕』

フォスは多くの月人と共に地上に降り立ち、宝石たちを粉々にします。

開始時点で、学校内部の床には宝石たちの残骸が至る所に転がっています。

フォスが落ちた破片すら足で砕きながら進むと、待っていたのはユークレース。

彼は早々に負けを認めると、月に連れていってほしいと頼みます。

フォスと月人と話がしたいと。

宝石たちは長い命を持つため、難しい問題でも話し合えば乗り越えられるとユークレースはいいます。

フォスは自分が必要かと問いかけると、ユークレースは肯定します。

しかし次の瞬間、フォスはユークレースの首を跳ね飛ばしました。

フォスはもう誰も必要としていなかったのです。

倒れるユークレース。

フォスの背後にはパパラチアが仰向けで倒れていて、それを見おろすようにシンシャがうなだれていました。

フォスはシンシャの始末を月人たちに任せると、シンシャが砕かれる音を背に金剛の元に向かいます。

しかし、今度はジェードが立ちはだかり、二人のバトルが始まるのでした。

第九十一話『ジェード』

相まみえるフォスとジェード。

フォスの攻撃をジェードはかわすと、武器を使わずに拳一つで立ち向かいます。

伸びる腕を巧みにかわし、ついにジェードの拳がフォスの胴体を真っ二つにします。

しかし、すぐに液体のように上半身と下半身は繋がり始め、ジェードは追撃。

勢いをつけて蹴りを仕掛けますが、これはジェードの焦りを誘うフォスの罠でした。

ジェードは足をとられ柱に叩きつけられると、その体はもうボロボロでした。

為す術のなくなったジェードの口から漏れたのは、フォスのことを理解してあげられなかった謝罪の言葉でした。

ジェードはそのまま意識を失い、フォスは彼の体を離して一人歩き出します。

何を今さらと怒りを抱いていると、障害はまだありました。

フォスを待ち受けていたのはシンシャでした。

第九十二話『夜』

シンシャは自らの水銀で手のひらサイズのフォスの人形を作ると、それを握りつぶします。

フォスはシンシャを傷つける言葉を平然とぶつけますが、シンシャもそれを平然と受け流し、心通わせることなく戦いを開始します。

お互いの腕を液状に伸ばしてぶつけ合いますが、最低硬度二のシンシャはもろく、触れられただけで腕が吹き飛びます。

それでも果敢に攻め、もはやお互いにどこが砕け、どこか液状なのか分からない混沌とした状況になります。

やがてお互いの合金と水銀が混ざり合い、二人は飲み込まれて姿が見えなくなってしまうのでした。

第九十三話『約束』

水たまりのように混ざりあって広がるフォスとシンシャ。

やがてフォスが顔を出し、伸ばした鋭利な合金にはシンシャの頭が突き刺さっていました。

フォスのおかげでみんなと仲良くできた、楽しかったと感謝を告げるシンシャ。

約束を、と言い残してシンシャの顔は崩れ、フォスは茫然とします。

しかし、すぐに金剛に祈らせるのだと思い直します。

金剛が祈れば月人がいなくなって戦争が終わり、シンシャ含めてみんなを元に戻せると本気で信じていました。

重たい体を引きずるように歩くフォス。

突然、頭部から水銀があふれ出し、それは頭部を覆ってまるで人間のようなフォルムになります。

体も含めてまるで人間のようで、フォスの目にはかつてのフォスの無邪気な姿が浮かびます。

かわいいね、と呟くと目の前が光で包まれ、やがて金剛の待つ場所に辿り着きました。

フォスは祈ってほしいとお願いしますが、金剛の答えは変わらず、フォスは壊れろと攻撃を仕掛けます。

ところが攻撃が届く前に、金剛の顔の中心に亀裂が走り、それは顔中に広がるのでした。

第九十四話『金剛』

金剛はフォスに、仕事の終わりを告げてくれる人間を待っていたと感謝を告げ、零れ落ちた右目を取るよういいます。

そして、一心に幸福を祈りなさいといいますが、そこから先が続くことはなく、金剛は砂となって崩れ落ちました。

フォスは金剛の右目を拾うと、音に気が付いて振り返ります。

そこにはエクメアが立っていましたが、様子がいつもと違います。

エクメアはフォスの持つ金剛の右目をよこすよう要求し、フォスはそこではじめてエクメアの狙いがこれであったことに気が付きました。

フォスはすぐに攻撃を仕掛けますが届かず、逆に建物の外に追いやられます。

追撃するエクメアに対して、幸福がほしいと金剛の右目を自分の右目があった部分にはめ込みます。

するとエクメアは姿を消し、みんなを探さないと、とフォスは再び建物に戻ります。

しかし、金剛も他の宝石たちもいませんでした。

途方に暮れるフォスですが、突然、視界に無残な姿となった宝石たちと月人の姿が浮かび上がり顔を上げます。

海の上にはあるはずのない都市がありました。

目がおかしいとフォスはしきりに目をこすりますが、目を閉じてもその光景は消えません。

やがて無数の流星が落ち、都市は崩壊していくのでした。

第九十五話『終戦』

エクメアが地上から戻り、カンゴームが出迎えます。

エクメアだけでなくカンゴームたちにも報告する成果があり、それが宝石を月人化するマシーンでした。

アメシストは自信満々ですが、まだ実際に実験に成功したわけではありません。

姫であるカンゴームに何かあれば問題だし、責任者のアメシストに何かあっても同様です。

するとゴーシェが一番乗りし、無事に月人化に成功しました。

アメシストはその成功を持って、ユークレースに月人化を打診します。

攫われて月面上に撒かれた宝石たちの記憶はインクルージョンが放出してしまって行方不明でしたが、別の月より回収することが出来ました。

この記憶情報は元の鉱石体内のインクルージョンには戻せませんが、一定量が揃えば月人と同組織体に移植することで月人として回復させることが出来ます。

そして、アメシストはユークレース自身に対しても月人化を打診。

ユークレースは迷った末に、それで戦争が終わるならと受け入れるのでした。

こうして何十体という月人化した宝石が誕生し、その中にはアンタークチサイトや金剛もいました。

金剛はエクメアとの再会を喜びますが、全ての力をフォスに渡してしまった自分をなぜ復元したのか疑問に思っていました。

それに対してエクメアが答えず、フォスに金剛の力が完全に移行するまでの時間を聞きます。

金剛の答えは一万年でした。

エクメアは月人となった宝石たちに終戦を宣言し、新たな神が誕生するまでの一万年を幸福に過ごしてほしいと口にするのでした。

第九十六話『一万年』

月人化した宝石たちは平和で幸福な日々を過ごしていました。

冒頭、集まったのはアンタークチサイト、ウェレガト(かつてのカンゴーム)、シンシャ。

すぐに四人の宝石たちを会って別れますが、この時、この日は十八時にみんなで集まって何かをすることがうかがえます。

場面は変わり、実験室ような部屋でピペットを持って何かの実験をしているボルツ。

そこにダイヤモンズを結成しようと意気揚々と現れるダイヤモンドですが、ボルツはすぐに断ります。

さらに場面は変わり、月人の心理カウンセリングを行うルチルの姿もありました。

気力を失っていたイエローも月人化しましたが、どこかぼーっとしています。

彼の見つめる先には地球がありました。

そして場面は変わり、エイティ・フォーが司会進行を務める会議が描かれます。

この日、予定通りに地球は閉鎖され、特別な場合を除いては立ち入りが禁じられました。

バルバタの報告によると、地上のアドミラビリスの月への移住は完了し、月にいるアドミラビリスとの合流も近いです。

さらに肉体を失ったアドミラビリス族の記憶情報を集め、今後保護する宝石とともに、希望者から月人化を予定していました。

一方、フォスは金剛から受け取った記憶を繰り返し再生している段階で、孤独のせいで月人の計算よりもはるかに時間が短縮され、インストールの完了まで一万年で済むという結果が出ていました。

金剛は一万年も五十億年も今のフォスでは変わらないという考えですが、ユークレースはフォスのことを案じています。

金剛もエンマも中途半端な介入はよくないという考えですが、フォスのためにできることがまだあると断言します。

しかし、ここでは明かされません。

宝石たちが平和な月で様々な思いを浮かべる中、フォスは地球で一人、金剛からの引き継ぎを続けていました。

第九十七話『夢』

金剛の記憶との引き継ぎを行うフォス。

彼は、アユム博士という女性と金剛が話すシーンを見ていました。

アユム博士は人間と思われますが、体のあちこちをいじっていて、ロボットのような印象もあります。

この時点で人類は終わりを迎えようとしていました。

アユム博士が金剛を作ったのは、新しい世界への橋をかけるため。

そして、渡った後は橋を燃やして。

アユム博士はそう言い残して、フォスの意識は現在に戻ります。

この時点でフォスは新たな姿に変わっていて、それは宝石でも月人でもない形をしていました。

第九十八話『祈り』

フォスの姿は変わり果て、目も鼻も口も分からないようなのっぺらぼうのような顔になっていました。

背中には光輪のようなものが浮かんでいます。

フォスの元には、エクメアや金剛、宝石たちも含めた月人が一堂に会していて、膝をついて頭を下げています。

フォスはまるで別人のように話し始め、目の前の彼らを無に送ることを告げます。

それに対してエクメアと金剛は礼を言い、フォスのさよならの言葉と共に光が広がり、月人たちをあっという間に覆うのでした。

感想

あの頃のフォスはどこにいってしまったのだろう。

何度繰り返したか分からないこの言葉を、また繰り返してしまいます。

はじめは宝石たちを救うために戦い始めたのに、いつしか目的を忘れて宝石たちを傷つけてしまう。

目的を思い出してもそれが果たされることはなく、さらなる苦しい時間が待っている。

ここまで読者の精神が追い込まれることはあるでしょうか。

しかも、待っていた結末が果たして良かったのか、それとも新たな悲劇につながるのか。

本書を読んだだけでは分からないというのだから、胸の苦しみはまだまだ続きそうです。

おわりに

いよいよ終わりが見えてきました。

フォスや宝石たちにどんな未来が待っているのか。

期待してはいけないと思いつつも、ちゃんと最後まで見届けたいと思います。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

あわせて読みたい
『宝石の国』の28人は誰?を考察する
『宝石の国』の28人は誰?を考察する
あわせて読みたい
明日から使える雑学!『宝石の国』から学ぶ宝石たち その1
明日から使える雑学!『宝石の国』から学ぶ宝石たち その1
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました