ブログ

はてなブログからワードプレスに移行した理由&失敗談

どうも、ハルトです。

年始早々、以前から考えていたブログの移行を実施しました。

まだまだ修正しなければならない部分が多数ありますが、結果的に移行して大満足しています。

おそらく同じように移行を考えている方もいらっしゃると思うので、僕が移行しようと思った経緯、移行時に大変だったことをお伝えできればと思います。

移行した理由

もっとカスタマイズしたい

はてなブログは初心者にも分かりやすく、ブログを開設して一年間、特に困ることもなく記事の執筆に集中することができ、しっかりとした土台を作り上げることができました。

右も左も分からない自分のような人間には、これ以上のブログはありませんでした。

ところが一年が経過した頃から、ユーザーの利便性が気になっていました。

出来れば関連する記事にも分かりやすく誘導したいと試行錯誤していましたが、どうしてもはてなブログでは自由度が低く、なんとかならないかともやもやしていました。

そこで調べてみると、自分が良いと思ったサイトはいずれもワードプレスを使用していて、その中でも『JIN』というテンプレートが自分の理想に近いのではと感じました。

有料テンプレートのおかげで、CSSなどの知識に乏しい僕でも大丈夫なのではと勇気づけられ、移行を決意しました。

サイトが重い

記事が増えるにつれ、サイトの読み込み時間が長くなっているのも不満でした。

調べても画像の適正化などしか手段は見つからず、今修正してもいずれ同じ問題にぶつかるであろうことは目に見えていました。

一方、ワードプレスであればプラグインで様々な手段を講じることができる。

これも移行の決め手の一つでした。

自分で管理をする

近年、自分の所属する会社は果たしてあと何年残るのだろうと不安に思うことがあり、それははてなブログでも同じではないかと思うようになりました。

しっかりと積み重ねたブログは間違いなく資産になります。

それをはてなブログの運営によって、場合によってはなかったことにされるのは納得がいかないと思い、移行の最終的な決め手になりました。

もちろん、ワードプレスに移行することによって管理の手間は段違いになるので、大変といえば大変です。

しかし、一つの資産としてこれらからも成長させていくのであれば、自分のことは自分で責任をとる必要があると感じ、移行を決断した次第です。

スポンサーリンク



移行して失敗したこと

ここからは移行時の話。

僕は以下のサイトを参考に移行を進めたので、比較的スムーズに移行することができました。

ところが大問題も発生し、それが解消するまでかなりの不安とストレスを感じましたので、これから移行を検討される方は、しっかりと下準備をしてから臨んでください。

URLの設定

僕ははてなブログの記事のURLを全く気にしていませんでした。

なので、初期設定のまま作成していました。

具体的にはこんな感じです。

 

『ドメイン名/entry/日付/記事名』

 

そしてワードプレスに移行したのですが、ここで大問題が発生。

実はURLに使用できる文字数ははてなブログに比べてワードプレスは少なく、半分以上の記事はURLが変わってしまい、URLを引き継ぐことが出来なかったのです。

検索しても、『お探しのページは見つかりません』と表示されるばかり。

そこで僕は『Redirection』というプラグインを導入し、一つずつURLをリダイレクトすることにしました。

『Redirection』の使い方は以下のサイトを参考にしました。

問題なく移行できましたが、この作業がめちゃくちゃ面倒くさい。

一つずつ作業しないといけないため、250以上の記事を処理するのに三時間ほどかかりました。

もし移行を検討される方は、一度URLの見直した方が良いでしょう。

移行した現状

有料テンプレート『JIN』を採用し、マニュアルに従って最低限のカスタマイズを終えたばかりですが、すでに変化がありました。

移行前に比べてPV数が大きく伸びたのです。

もちろんユーザー一人あたりのPV数が伸びたのもありますが、それ以上にユーザー数が大幅に伸びました。

しばらく様子をみないとなんともいえませんが、サイト自体の評価が上がったからかもしれません。

あとサイトの表示速度が速くなり、かなりストレスが軽減されたのではと感じています。

関連記事やおすすめ記事も見やすい位置に設置することが出来たので、ひとまず満足しています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

移行直後は後悔ばかりで、はてなブログに戻ろうとばかり考えていましたが、一つずつ問題を調べると誰かしらが対応策を記事にしていてくれて、何とかすることが出来ました。

僕は移行して良かったと思っていますが、はてなブログの方が向いているという方もたくさんいると思います。

あくまでどちらもメリット・デメリットがありますので、ご自分がどうしたいか、それを念頭にしてじっくりご検討ください。

決してはてなブログでうまくいかないからといって、ワードプレスに移行してうまくいくわけではありません。

どちらでブログを運営するにしても、大切なことはユーザー目線でのサイト作りです。

その一環として、この記事が皆さんのお役に立てると幸いです。

ワードプレスに移行しましたが、やることは今までと変わりません。

ユーザーの方の欲しい情報を、誰よりも分かりやすく詳しく届けるだけなので、これからも当ブログを宜しくお願い致します。

本をネット注文するならAmazonプライム!

 

本好きなあなた、ネットショッピングが好きなあなたにおすすめしたいのが『Amazonプライム』です。

年間プラン4,900円(税込)、または月間プラン500円(税込)と、ちょっと高く感じますが、30日間無料で以下の特典を得ることができます。

 

・配送料が無料で、対象商品はお急ぎ便、お届け日指定便も無料で利用できる。

→通常、2,000円以下の買い物では地域によって違いますが400~440円の配送料がかかり、お急ぎ便などオプションを利用するとそれ以上かかります。本や日用品などで少額の買い物を月に一回以上するのであれば、配送料だけで元がとれます。特に本は少額になりやすいので、一冊から気兼ねなく買えてとても便利です。

 

・Prime Now

→Amazonの商品が最短2時間で届きます。対象エリアが東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部なので恩恵を得られる方は限られますが、急ぎで欲しい時にめちゃくちゃ便利なサービスです。対象エリアはこちら

 

・Prime Video

→会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題です。対象の作品はこちら。ちなみに『すべてのビデオ』を選択すれば、レンタル、購入できる作品も選択できます。

 

・Prime Music

100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで楽しむことができます。詳細はこちら。また邦楽アーティストについて力づくで調べてくださったユーザーの方がいらっしゃったので、こちらも参考にどうぞ。ただし、削除されているアーティストもいる可能性があるので、ご了承ください。

 

・Kindleオーナーライブラリーの利用

→対象タイトルの本の中から1か月に1冊、無料で読むことができます。ただし、利用するにはKindle端末またはFireタブレットが必要です。詳細はこちら

 

・Prime Reading

→対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)が読み放題です。対象作品はこちら。正直、物足りない気もしましたが、僕は辻村深月さん、池井戸潤さんの作品があって嬉しかったです。

 

この他にも特典が数多くあり、『配送料+以上の特典のどれか一つ』が一致するようであれば、十分利用する価値があります。

 

あなたは以下のことに当てはまりますか?

・毎月何かしらの本を買っている

・欲しい本は決まっている

・近くに書店がない

・電子書籍よりも紙の書籍が良い

 

もし当てはまるのであれば、『Amazonプライム』が断然おすすめです!

 

僕の場合、

・本を一冊から躊躇なく買える

・飲み物を箱買いする時、無料で時間指定できるので間違いなく受け取れる

・お急ぎ便で午前中までの注文なら当日、18時くらいまでの注文なら翌日受け取れることが多い。しかも無料!

 

以上のメリットがあるため、もうヘビーユーザーと化しています。

今なら30日間無料なので、ぜひお試しください!

 

また手軽に、今まで読んだことのない様々なジャンルの本に挑戦したいという方には『Kindle Unlimited』がおすすめです。

月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋書が読み放題なので、読みたいけど買うにはちょっと…と思う作品も気軽に読むことが出来ます。

中には数万円の書籍もあるので、予想以上にお得です。まずは30日間無料体験を利用してください。

より具体的に本サービスについて知りたいという方は以下の記事も合わせてお読みください。

【2019年版】Kindle Unlimited を試して分かったメリット・デメリットを徹底解説!Amazonで書籍を探していると、Kindle Unlimitedなら0円というクリックボタンを見かけたことはありませんか? Ki...

(上記サービスは2019年4月22日現在のものです。詳細は公式ホームページをご確認ください。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です