雑記

【挑戦】書評ブログでアクセス数は稼げるのか?~3ヶ月目~

 

こんばんは、ハルトです。

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も宜しくお願い致します。

おかげさまで当ブログも開設して3か月が経過しましたので、年明け早々ですが12月の実績を振り返ってみたいと思います。

12月に更新した記事数

 

19記事でした。

記事を書くために本を読むという構図にしたくなかったので、意識して読書のペースを落としてみました。

 

その分、すぐ読める漫画を記事にしたり、過去に読んだ本の中で需要のありそうなものを記事にしたので、そこまで記事数的には落ち込んでいません。

12月のPV数

 

なんと17,008でした!

前回、目標を10,000と掲げていたので、大きく上回る結果となりました。

 

相変わらず『宝石の国』に関する記事が人気で、先月は長いネタバレと要約用の2記事に分けたため、どちらからも検索流入を獲得することができ、PV数に大きく貢献してくれました。

『宝石の国 8巻』ネタバレ感想!あらすじから結末まで!こんばんは、ハルトです。 本日、待望の『宝石の国 8巻』が発売になりました。 表紙はフォスを中心に、ベニトアイト(左...
『宝石の国 8巻』解説と考察(ネタバレあり)※8巻の内容の全部が知りたいという方はこちらをどうぞ。 http://hyakuhon.com/entry/2017/11/23/...

 

しかしそれだけではなく、過去に書いた記事が検索の一番目に出てくるなど、徐々に力をつけてきた記事がぽつぽつ出てきたので、かなり底上げされました。

『儚い羊たちの祝宴』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年...

 

また、妻夫木聡さん主演で『イノセント・デイズ』がドラマ化されることになり、その影響でドラマ化が発表された一日だけ『イノセント・デイズ』の解説の記事が爆発しました。

『イノセント・デイズ』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!前編 田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、...

 

その後は元のPV数に落ち着きましたが、元々けっこう数を稼いでくれていた記事だったので、このまま維持してほしいなと思います。

数多く記事を書くと、ひょんなことで爆発する可能性がある、ということを実感でき、貴重な一ヶ月でした。

 

数字としても、申し分ありません。

2017年の反省

記事を書くための読書になっていた

 

自分が面白いというよりも、本屋に平積みされている今の内なら読まれるのでは? などと邪な考えで本を選ぶことが多くなっていました。

そのため記事作りがつまらない作業になってしまい、非常にもったいなかったと感じています。

 

2018年は初心を取り戻すためにも、『読みたい本を記事にする』ことを心がけたいと思います。

記事の完成度が低い

 

決して手を抜いているつもりはありませんが、それでも後で読み返してみると、ここはもっとしっかり書けばな、などと思うことも多々ありました。

ただ一発で完成した記事を書くなどまず不可能なので、定期的に見直して、適切にリライトしていきたいと思います。

記事の関連度が低い

 

どうしても読みたい本を記事にしていると、記事と記事の関連性が薄くなってしまい、一つ読んだらサイトを去る、ということがよくありました。

しっかりと他の記事にも興味を持ってもらえるようにサイト自体のレイアウトや、リンクなどを適切に貼ってより見やすいブログにしていきたいと思います。

来月の目標

 

記事数の目標は先月と同じく掲げません。

PV数は20,000を目標にします。

 

12月後半から安定して高いPV数を維持できるようになってきましたので、今のペースでいけば余裕で超えられるかなと踏んでいます。

しかし油断は大敵ですので、慢心することなく内容の濃い記事作りを心掛けていきたいと思います。

 

ということで。

今年も百本繚乱を宜しくお願いします!

 

翌月の結果はこちら。

【挑戦】書評ブログでアクセス数は稼げるのか?~4ヶ月目~ こんばんは、ハルトです。 2018年もあっという間に一ヶ月が過ぎました。 そして、もうすぐ100記事が達成で...
music.jpTVコース

CMでお馴染みのmusic.jpは音楽だけでなく、専門チャンネルも見ることができます!

さらにコミックや書籍も楽しめ、エンタメコンテンツが充実しています!

 

まずは30日の無料トライアルを試して、あなただけのお気に入り作品を見つけてください!